ローディング中

Loading...

ツイッターでの投稿が話題を呼び、今ではSNSで多くの写真がシェアされ続けている「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」をご存知でしょうか?フライパンでも簡単にできるぎゅうぎゅう焼きの基本のレシピとアレンジを紹介します。

話題の村井さんちのぎゅうぎゅう焼き

ツイッターでの投稿が話題を呼び、今ではFacebookやインスタグラムでも多くの写真がシェアされ続けている「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」をご存知でしょうか?オーブンのバットいっぱいにお肉やお野菜など色鮮やかな具材がゴロゴロと並ぶこのお料理。「好きなお野菜をバットに敷き詰めてオリーブオイル、塩、ハーブなどで味付けしてオーブンで焼くだけ」と簡単なのに華やか。そのままサーブすることもできるので洗い物も少ない上に、素材の味を活かしたヘルシーさも魅力です。

SNSで人気に火がつき料理本も出版

元々は滋賀県大津市に住む翻訳家の村井理子さんがツイッターに料理写真を投稿したことからSNSで一気に拡散し、レシピ本も発売されるまでになった「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」。コメントは「今日の晩ご飯」というだけの軽い気持ちの投稿だったそうですが、インパクトたっぷりのお料理に、リツイートやシェアの数がどんどんと増えていきました。
「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」のレシピ本はこちらから購入できます。

冷蔵庫の余った食材を敷き詰めるだけ

SNSで人気になった秘密としては、大きく切った様々な具材がバランスよく並べられ、見た目にインパクトがあること、冷蔵庫の中にある野菜やお肉、パンまで、カットして並べて焼くだけと簡単にできることなどが考えられます。珍しい材料を揃えなくてもすぐできるから作ってみたくなりますし、華やかにできあがったら写真を撮ってシェアしたくなりますよね。

ぎゅうぎゅう焼きの基本のレシピ

材料

鶏むね肉、キャベツ、エリンギ、シイタケ、人参、ピーマン、じゃがいも、ミニトマト、塩、粗挽き胡椒、オリーブオイル

作り方

鶏肉は一口大に切り塩で下味を付け、じゃがいもも一口大に切って茹でておきます。野菜は適当な大きさに切りクッキングシートを敷いた天板にランダムに盛り付けます。茹で上がったじゃがいもと 鶏肉も乗せ粗挽き胡椒、オリーブオイルをかけ、予熱したオーブンで180度、40分焼きます。

作り方のポイント

オリーブオイルはたっぷりと

オリーブオイルは多過ぎるかと思うくらいたっぷりかけましょう。焼き上がった後、天板の上に残ったオリーブオイルはそれぞれの具材の味がしみ込んだソースになっているので、小皿に取り分けた後に少しかけたり、フランスパンなどを浸して最後までいただくのがおすすめです。

にんにくは皮付きのまま

にんにくはきれいに皮をむいてから刻んだりつぶしたりして使うのが一般的ですが、オーブンでじっくり焼きあげるぎゅうぎゅう焼きでは皮付きのまま使ってしまうのがポイントです。オリーブオイルをかけてじっくりグリルすると匂いは若干弱まり、ピューレのような食感を楽しめます。

火の通りにくいものは下茹で、肉は解凍

冷蔵庫にあるものは何でも入れて楽しめるぎゅうぎゅう焼きですが、全てが同じ時間でベストな状態に仕上がるように、冷凍したお肉や魚介類は解凍し、いも類など火の通りにくいものは下茹でか電子レンジで温めておきましょう。

食材はぎゅっと敷き詰めて

長時間焼き上げた具材は大きさが一回り縮んでしまいます。準備段階では天板一杯にぎゅっと敷き詰めておきましょう。お肉やいも類など、大きめのものをバランスよく散らした後に、マッシュルームやお豆、芽キャベツ、トマトなど小さめの野菜で隙間を埋めるときれいに仕上がりますよ。

お肉に火が入ったら、温度は高温に

様々な具材を同時に調理するこのレシピで一番避けたいのはお肉が生焼けになってしまったり、お野菜が焦げてしまうこと。お肉にしっかり火が入るまではじっくりと焼き、最後の10分程度を高温で焼き上げることによって、ちょうど良い焼き色がつき表面がカリッと香ばしく仕上がります。

フライパンで手軽にぎゅうぎゅう焼き

オーブンでも簡単に作れるぎゅうぎゅう焼きですが、天板いっぱいでは量が多過ぎたり、材料が足りないこともありますよね。そんな時はフライパンならさらに手軽です。「アルミホイルで覆いながら弱火でじっくり焼く」というポイントさえ守ればフライパンでも簡単に作れて、そのままテーブルへ運ぶこともできますよ。

フライパンdeアレンジレシピ9選

ベーコンのぎゅうぎゅう焼き

材料は全て一口サイズにカットし、ボールに入れて塩、胡椒、オリーブオイルをかけて良く混ぜます。フライパンに敷き詰めてアルミホイルで覆い、弱火で野菜に火が通るまでじっくり焼きます。

夏野菜とウインナーのぎゅうぎゅう焼き

にんじんとじゃがいもを一口大に切り、電子レンジで温めておきます。その他の野菜も食べやすくカットし、フライパンに具材を彩りよく並べ、塩、胡椒、オリーブオイルをふりかけ、蓋をして30分ほど蒸し焼きにします。

カマンベールチーズ入りぎゅうぎゅう焼き

食材は一口大にカットします。フライパンにバターを溶かし、野菜類と鶏もも肉を先に炒め、野菜類に火が通ったらソーセージとベーコンを加え弱火で加熱します。塩コショウで味付けし、ローズマリーとカマンベールチーズをちぎってのせます。

フライパンで鶏モモと野菜のぎゅうぎゅう焼

鶏肉は一口大にカットし、ローズマリー、バジル、オリーブオイルなどで30分以上マリネします。火の通りにくい野菜は電子レンジで温め、全ての野菜を一口大にカットします。温めたフライパンに鶏肉を入れて両面焼いたら野菜を入れます。オリーブオイルを全体に回しかけ、塩こしょうを振って、アルミホイルや蓋を被せて野菜が柔らかくなるまで弱火で焼きます。最後にレモンを絞って完成!

フレッシュハーブのぎゅうぎゅう焼き

野菜を食べやすい大きさに切ります。スキレットを温め、一旦火を止め、すぐに鶏肉を入れます。その後残りの具材を入れたら、塩胡椒してオイルを回し掛け、余熱無しのオーブンに移し、220度で30分焼きます。

チキンとウインナーのぎゅうぎゅう焼き

フライパンにニンニクとオリーブオイル、ローズマリーを入れて火を点けます。カットした好きな具材を入れて蓋をして焼き、具材に火が通ったら、塩コショウ、オリーブオイルを回しかけ、カリッとするまで焼きます。

ぎゅうぎゅう焼きのせ玉ねぎカレー

玉ねぎを飴色になるまでよく炒めます。別のフライパンでベーコンを炒め、、玉ねぎと赤ワインを加え、アルコールを飛ばします。水を入れ蓋をして煮たったら火を止めカレールーを溶かし、再び火にかけ弱火で10分ほど煮込みます。お皿にご飯とカレーを盛り、温めたぎゅうぎゅう焼きを彩りよく並べます。

ハーブソルトとバジルのぎゅうぎゅう焼き

ビニール袋にハーブソルトなど下味用調味料を入れて混ぜ、カットした鶏肉を入れてもみ込みます。冷蔵庫へ入れ、焼く30分前に取り出し常温にもどしておきます。野菜をカットし、硬い野菜は電子レンジで温めます。フライパンに鶏肉を入れて両面焼き、野菜を入れたらブラックペッパー、オリーブオイルを全体にかけ、アルミホイルを被せて野菜が柔らかくなるまで蒸し焼きにします。

トマトとオリーブを効かせたぎゅうぎゅう焼き

じゃがいもとベーコンを一口大に切ります。スキレットを温め、ベーコンを炒め、じゃがいも、ペコロス、ブロッコリー、マッシュルーム、オリーブなどを入れて焼き色をつけます。塩胡椒、オリーブオイルを振り、220度のオーブンで30分焼きます。

フライパンでもぎゅうぎゅう焼きを

フライパンひとつでとっても簡単だけど、華やかで見た目も栄養バランスも良いぎゅうぎゅう焼き。今回ご紹介したレシピ以外にも、火が通りやすい魚やいかなどの魚介類を入れるのもおすすめです。さらに、厚揚げやパンを入れることもできます。火が通りやすく焦げやすい食材を後から入れるのにも、フライパンならより簡単にできますよ。ぜひ一度作ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

中華料理 中華 飲茶・点心 まとめ

甘辛いソースが絶品のエビチリ。作るのが難しいイメージがありますが、コツさえ覚えれば本格的な味が簡単に再現できます。そこで今回は、基本の作り方やアレンジレシピ、エビチリと合わせて作りたい人気の献立まで、詳しくご…

レシピ 牛肉 豚肉 鶏肉 まとめ

地域によってさまざまな作り方がある肉じゃがですが、あなたはどんな具材で作っていますか?今回は、元祖肉じゃがといわれる牛肉を使った基本の作り方や、時短で作れる簡単レシピ、さらに肉じゃがに合わせたい人気の献立など…

豚肉 ソーセージ イタリア

イタリアで生まれた「サルシッチャ」。ソーセージのような見た目ですが、違いはあるのでしょうか?今回は、「サルシッチャ」という名前の意味や、自宅での作り方、おすすめのレシピなどまとめてご紹介!サルシッチャの魅力に…

カレー 鶏肉 鶏肉料理 まとめ

唐揚げにしたり、煮込んだりと、手羽元はいろいろな料理で活躍します。圧力鍋を使えば、時間を短縮しつつやわらかい手羽元料理を作ることが可能に!大根や白菜などを使った手羽元の煮物や、カレーやスープのレシピなど、人気…

揚げ物 鶏肉料理 鶏肉 まとめ

ジューシーで食べ応えの「チキン南蛮」は、実は揚げないで作る方法があるんです!カロリーカットになるだけでなく、油の後処理もなくとっても簡単♩今回は、フライパンやオーブンを使ったとっておきのレシピたちをご紹介しま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パン レシピ まとめ

レシピブログで大人気の「いたるんるん」さんの美味しいパンのレシピをまとめました。写真を見ているだけで美味しそうでパンの良い匂いがしてきそう…そんなパンたちを8種類紹介しますね!

レシピ まとめ

アサリは皆さんご存知の食材だと思いますが、実は全国的に食べられるようになったのは1960年代ごろからだそうです。昔から日本人に愛されている食べ物だと思っていましたがちょっと意外ですね。

レシピ まとめ パン サンドイッチ

カルボナーラといえばパスタ、はもう一昔前の常識になっているようです!今回はカルボナーラサンドのレシピをご紹介します。色目も美しく栄養も満点♩お子様も一緒に作ってみるのも楽しそうです!

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

サムギョプサル 新大久保 韓国料理 キムチ

豚肉の三枚肉と様々な薬味をサンチュで巻いてお口の中へ。しかし上手に巻けずに豚肉が飛び出てしまったり、ひとくちでは食べられずこぼれてしまうことも…。そこで今回はサムギョプサルの上手な食べ方を新大久保の「オムニ食…

スープ レシピ キャベツ

キャベツは春の「春玉キャベツ」、夏の「高原キャベツ」、冬の「寒玉キャベツ」と大きく3回に分けて旬を楽しめる野菜。春玉キャベツの葉はみずみずしく、甘みがあるのが特徴。今回は、キャベツを使ったアイデアレシピをまと…

brokiga

海と森に囲まれた西スウェーデンの街に住んでいます。お庭や近くの森、...

https://www.instagram.com/saecoeco/

ページTOPに戻る