ローディング中

Loading...

連載:写真のプロが考えた! 「いいね」が集まる写真のひみつ

料理写真で多くのフォロワーを惹きつけているインスタグラマーをひとり取り上げ、撮影のポイントを考察している連載企画。今回は、見る人をほっこりさせるような写真が魅力的なcao_lifeさんの作品から、ごはんを素敵に撮る方法を探ります。

見ていてほっこりする料理写真

2016年8月29日現在で、フォロワー数は7万78,800人。cao_lifeさんは、見ていてほっこりとする親しみやすい雰囲気の料理写真が素敵なインスタグラマーです。

どの料理写真もひと目を引く、おしゃれな仕上がりなのですが、それでいてどこか家庭的で、自宅の食卓の風景を見ているような気持ちになります。

今回は、cao_lifeさんの写真を見ながら、その作品がどうして見る者にそういう印象を与えるのか、そしてどうすればそのような写真が撮れるのか、考えたいと思います。

cao_lifeさんの作品たち

初めてチャレンジしたという冷や汁がとってもおいしそうな朝食写真。この冷汁は、サバ缶を使えば簡単にできるんだそうです。

冷や汁の横に置かれたおにぎりがかわいいですね!ほかのおかずは出汁巻きたまごと、奥にあるのは、なにかのごま和えでしょうか。お料理のラインナップに統一感があり、加えて、素材感を見せるという、和物を上手に見せるコツをしっかりと押さえています。

料理写真を撮りなれているのがひと目でわかる、cao_lifeさんの経験値の高さが感じられる一枚です。
こちらのお料理は、パプリカカップの肉詰めトマト煮と、とうもろこしごはん。赤、緑、黄色という色合い、とうもろこしごはんの盛り付け方がかわいくていいですね。

やや高さのあるパプリカカップに合わせて高く盛ったのであれば、これは大成功。この工夫のおかげで、画に安定感が生まれています。

右上のグラス、奥のお鍋の色合い、お鍋に入れた食材のチョイスも◎。特に、グラスのとぼけた顔柄のおかげで、ただ料理を撮っただけの写真から、クスッとしてしまうようなおもしろさのある写真に昇華しています。
こちらの被写体は、デュヌ・ラルテというパン屋さんの食パン「ナチュール」を使ったマッシュルームトースト の朝ごはん。ふたり分のお皿で画面を上下に2分割した構図で撮影されています。

構図自体は比較的シンプルですが、全体のバランスが上手に整えられていて、余白の部分にも意図が感じられます。また、手前と奥で明るさに差をつくっているのもこの写真の特徴。これくらい光量差があると、手前のお皿に自然と目が止まりますね。

cao_lifeさんの写真の特徴

cao_lifeさんの作品をいくつかご覧いただきましたが、いかがですか?きっと、冒頭に書いたような印象を受けた方が多かったんじゃないかと思います。

ここからは、cao_lifeさんの写真にどのような特徴があるのか、解説していきましょう。おそらくはそれらの要素が、cao_lifeさんの作品が人に与える印象につながっているはず。

過度な演出をしない

本来食卓に置かれることがないもの、食事とあまりかかわりのないものは、cao_lifeさんの写真にはほとんど登場しません。こまやかに工夫しながらも、やりすぎない。この絶妙な力加減がcao_lifeさんの特長です。

たとえば上の写真。主題であろう被写体は「乃が美」というお店の生食パンで、お店の方には、「そのまま食べるのが一番おいしい」といわれたとか。言われたとおり、食パンになにもつけずに置いたこの1枚には、cao_lifeさんの作品のよさが端的に表れているように思います。

トーンをそろえ過ぎない

レストランのテーブルセッティングのように隙のないスタイリングも美しいですが、cao_lifeさんの作品の魅力は、そうしたものとは別のところにあります。

カレーとほうれん草の炒め物を撮った上の写真を見てください。

料理をのせた器、どれも素敵な品ですが、それぞれの相性は100点満点ではありません。けれど、1枚の写真に入れてみると、なんともいえない心地よさがあるように思いませんか?

もちろん、ある程度の統一感は持たせようと意識しているはず。ドット柄のもの、素焼き風に見えるものを組み合わせている点からもそれはわかりますね。

しかしcao_lifeさんの場合、ひとつのトーンでそろえようとはしていません。たとえばすべての器をドット柄にはしませんし、素焼きに合わせて和風でそろえるということもあまりしません。そういう「整えすぎない」ところが、いい具合に肩の力が抜けた、cao_lifeさんの写真の魅力の源泉となっているように思います。

スペースを使い切る

cao_lifeさんの写真には、上の写真のように、スペースを余さず使い切ったものが多くあります。

無意味な空きを作らないというのは構図づくりの基礎ですが、これをしっかりと実践しているんですね。もしかすると几帳面な性格の方なのかもしれません。
この画像も同じ。被写体で画を埋め尽くしています。cao_lifeさんの写真はほとんどが朝食の写真なので、それほど時間がない中で撮影をしているはずですが、そういう丁寧な作業を怠らない。

だからこそ、cao_lifeさん肩の力が抜けているようで、全体的に見て完成度が高いのでしょう。

cao_lifeさんのように撮るには

cao_lifeさんのように、見ていてほっとするような朝食写真を撮るにはどうすればいいのでしょう。その作品の特徴を踏まえて、そのコツを考えてみました。

写真はカメラで撮りましょう

cao_lifeさんの作品を見る限り、おそらくはいつも同じ機材で撮影しているはず。被写体の歪みの具合を見る限り、50mmくらいのレンズがついたカメラを使っているのでは。物の写り方というのはレンズの影響を大きく受けるので、似たような写真を撮りたいと思うなら、同じような機材で撮れば、まずは一歩近づくことができるでしょう。

撮影時間は朝

条件をそろえようと思うなら、朝、撮影を行いましょう。人工の光源を用意する必要はありません。窓から差し込む自然光だけで十分です。cao_lifeさんの作品は基本的に適度な露出に抑えられているので、よほど天気の悪い日でない限り、似たような明るさの写真を撮ることはできるはず。

時間を合わせる理由は、陽の光は午後になるとだんだん色を帯びていくから。色のトーンは写真の雰囲気を一変させる要素なので、可能な限り合わせたほうがよいでしょう。

演出はひかえめが◎

インスタグラマーには、食事とあまり関係のないものを画に入れておしゃれに魅せる方も多いですが、cao_lifeさんのような写真を志向するなら過度な演出はひかえましょう。

たとえば、器の外に食べないフルーツをばらまいたり、お花を飾ったり、大きなお皿にソースで絵を書いたりということをすれば、まるで違う作風となってしまいます。

そうしたことを考えるより、いろいろな器をどう使うか、画が地味にならないよう色を加えるにはどうすればいいか、という点に気を配ってください。

色使いにこだわりを

cao_lifeさんの写真が、華美でないまでも華やかに見えるのは、赤・黄・緑などの色を使うよう意識して撮られているからです。

特にパン食の朝ごはんは全体の色合いが茶色に寄りがちなので、先にあげた色をどう使うか、工夫してみましょう。赤ならトマトやパプリカ、黄色ならたまごの黄身やレモン、コーン、パプリカ、緑なら葉物野菜や豆類、ピーマンなどを上手に使うことで、自然に入れ込んでいけるはず。

もうひとつ、色は多いほうがいいですが、フルーツはひかえめに。フルーツの多い朝食はおしゃれかもしれませんが、多用すれば、cao_lifeさんの作品のようなあたたかみのある画からは離れていってしまいます。ぜひ、温度が感じられる食事を被写体にするようにしてください。

余白を少なくする

しっかりとスペースを埋めるよう意識してください。空いた場所があるならグラスや小鉢、調味料のボトルなどを入れてみる。また、ランチョンマットを器の下に入れてみる。そういうふうにしながら、できるだけ余分な空間ができないようにしてください。

人気のあるインスタグラマーの中には、余白を上手に使う撮影者も多いですが、この作業を続けていると写真が上手くなりますよ。

おわりに

cao_lifeさんの写真の魅力、伝わったでしょうか。また、ここまでを読んだ方は、同じように撮るにはどうすればいいか、その端緒くらいはつかめたのでは。

いろいろと書きましたが、cao_lifeさんの写真は、“撮影用”ではないリアルな朝食のシーンを撮っているからこそ、見ていて親しみがわくのだろう。そんなふうに思います。

写真を撮るために何かを用意するのではなく、料理をどう撮るかを一番に考える。そういう思考でアイデアを考えるようにしていれば、きっとそう遠くないうちに、cao_lifeさんのような見ていてほっこりとする料理写真を撮れるようになりますよ。
※この記事はcao_lifeさんの承諾を得た上で作成しています。また、画像の引用につきましてもご了承をいただいております。

《写真のプロが考えた! 「いいね」が集まる写真のひみつ》の記事一覧

魅力的なフード写真を投稿しているインスタグラマーをひとり取り上げ、撮影のポイントを考察する連載企画。今回は、本職のパティシエ顔負けのスイーツ写真、彩り鮮やかな朝食写真で多くのフォロワーの支持を集めている@na…

フード写真で人気のインスタグラマーをひとり取り上げ、作品の魅力と撮影のポイントを考える連載企画。今回の題材は、秀でたスタイリングテクでさわやかな朝食写真をつくり、うつわの魅力を発信し続けている@necozal…

おしゃれなフード写真で人気のインスタグラマーをひとり取り上げ、その作品の魅力と撮影のポイントを考える連載企画。今回の題材は、女性らしい感性で撮った、外国の食卓のようなスイーツや朝食の写真を投稿し続けている@c…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

まとめ

女性に多い貧血は、食事で予防・改善することが可能です。今回は貧血の原因、症状、おすすめレシピを含めて、数ある貧血のうち、もっとも頻度が高い鉄欠乏性貧血に効果があるといわれている食べ物を詳しくご紹介します。

おしゃれ まとめ

キッチンが狭いと料理も収納も面倒くさくなって適当に投げ出してしまいがちですが、ちょっとした工夫をするだけで簡単、かつオシャレにキッチングッズを収納することが出来るのです。ここではそんな簡単オシャレな収納法をま…

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね?今回は朝に特に何を食べるといいのかについてご紹介したいと思います。海外のニュースを元にお話ししますね。朝食を作るときに是非参考になさってください。

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

ドリンク

なんとなくヘルシーそうって印象だけの葛(くず)。実はそんな葛(くず)には驚くべきダイエット効果がたくさんあったんです!今大注目されている葛(くず)でさっそくキレイになりませんか?

ワイン 新年会

気づけば一月も中旬にさしかかろうとしている今日この頃。新年会を実施するという人も多いのでは?そこで避けたいのが悪酔い。特にワインはたちが悪いですよね。そこで今回は、ワインで悪酔いしないための5つの方法をご紹介…

uematutoshio

紙媒体のエディターとして、ライターとして、カメラマンとしてそれなり...