ローディング中

Loading...

「常夜鍋」をご存知でしょうか?材料はふたつだけと非常にシンプルなのに、一晩中食べたくなるほどおいしいと密かに人気のメニューなんです!タレやしめを変えればバリエーションは無限大。今回はそんな常夜鍋の基本の作り方とアレンジレシピをご紹介します。

常夜鍋って一体なんだ?

常夜鍋、その名前の由来は?

「常夜鍋」は「じょうやなべ」と読むのが一般的ですが、「じょうよなべ」や「とこやなべ」と読むこともあるようです。常夜鍋は、ちり鍋の一種で豚のちり鍋とも呼ばれます。白身魚や野菜などを出汁で煮て、ポン酢しょうゆと薬味をつけていただくのが本来のちり鍋ですね。豚肉とほうれん草や小松菜といった青菜を使ったちり鍋は、毎晩食べても飽きないほどおいしいということから、「常夜鍋」と名付けられました。

謎が多い常夜鍋の歴史と発祥

芸術家であり美食家としても有名だった北大路魯山人。彼について書かれた著書によると、常夜鍋は中国から伝わったとされているようです。魯山人説では、「宵夜鍋」と表記して「じょうやなべ」と読んでおり、宵のうちから食べ始めて夜中まで食べ続けるほどおいしいという意味だといわれています。

ほかに、旧制高等学校(1950年まであった高等教育機関)の寮生が食べたのが始まりだという説もあります。幕末から明治の時代に、西洋人が苦手な生の魚を熱湯につけて火を通して食べたことがきっかけ。魚の身がちりちりと縮む様子から「ちり鍋」が誕生し、魚が豚肉になると毎晩のように食べたいほどおいしい「常夜鍋」と呼ばれるようになったという説もあります。

さまざまな説がありますが、いつから常夜鍋が食べられるようになったのか、どのように広まったかなど、はっきりしたことは分かっていません。

基本の常夜鍋の作り方

夜中まで食べてしまうほどおいしいといわれる常夜鍋。どんな味なのか気になりますよね。それでは、実際に常夜鍋を作ってみましょう。一度作れば、もうレシピいらずで作れちゃうほど簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

基本食材はシンプルに、薄切り豚肉とほうれん草だけです。ほうれん草はそのまま使っても十分おいしいですが、エグミやアクが出やすいので気になる場合は軽く下茹でしておくといいでしょう。昆布と日本酒と水を入れた鍋を沸騰させたところで、豚肉とほうれん草を入れたらもう出来上がり!ポン酢につけて、薬味と一緒に召し上がれ。

人気の常夜鍋レシピ

簡単で失敗しらずのおいしさ、常夜鍋。シンプルな材料と調理法ゆえに、アレンジやひと工夫をしやすいことも特徴ではないでしょうか。ここからは人気の常夜鍋レシピをご紹介します。

ケンタロウさんの常夜鍋

人気料理研究家のひとり、ケンタロウさんの絶品タレでいただく常夜鍋のレシピです。
大根おろしにしょうゆ、ごま油、オイスターソース、いりごまを加えただけという、こちらも簡単なレシピですよ。ごま油でパンチを効かせるため食欲をそそりそうですね。男性にも人気のある味です。タレがおいしいので、最後までお箸が止まらずに食べられそうです。ポン酢の味に飽きたら、ぜひお試しください。

4つの具材×2つのタレ

基本の具材である豚肉とほうれん草に、わかめと長ネギをプラス。新しい食感が楽しめますよ。タレは2つ用意します。ひとつはネギとニンニク、ショウガを入れて、コチュジャンと粉トウガラシで辛味を加えた食欲の進むピリ辛タレです。もうひとつは、練りゴマと鶏ガラスープで作る味わい深いタレ。交互にいただけば、名前通りもうお箸が止まりません。締めは讃岐うどんに塩とブラックペッパーを入れていただくのがおすすめです。おいしい出汁が出たスープも、最後まで残さず楽しめますね。

蕎麦つゆ仕立ての常夜鍋

鹿児島ではしゃぶしゃぶを蕎麦つゆにつけて食べる食べ方があるそうです。それを常夜鍋にアレンジしたひと品がこちら。鍋に蕎麦つゆと生姜を入れて作ります。生姜入りで体もさらにポカポカになりますね。寒い冬はもちろん、クーラーで体が冷える夏にもおすすめです。最後にのせるかつお節でさらにおいしくいただけそうです。

常夜鍋の〆〜うどん編〜

しっかり具材の出汁が出たあとにシメとして食べるうどんは出し汁をすべて飲みきるくらいおいしくいただけます。味噌を加え、ぐつぐつ煮込んで味噌煮込みうどんに。最後に溶き玉子を流し入れたら完成です!翌日に朝ごはんとして使う場合は、またさらに野菜を入れることで栄養バランスのとれた朝食になりますね。

常夜鍋〆〜ラーメン編〜

常夜鍋のあとはあっさりラーメンが作れます。白ネギを加えてシンプルな味わいに。お好みでごま油や黒胡椒、辛いのが好きな方はラー油を垂らしてもおいしくいただけますよ。

常夜鍋はお鍋の優等生♩

レシピは簡単、材料は少ない、そのうえおいしくてヘルシーで栄養も抜群の常夜鍋。一人鍋でも大勢で囲むときでもシンプルでおいしい、お鍋の優等生といったところでしょうか。ほうれん草でなくても、小松菜や水菜、春菊といった葉物野菜ならOKですよ。ボリュームアップさせたいときには、豆腐やきのこ類を追加してもいいですね。さっと作れてアレンジもしやすいとなれば、我が家の定番メニューに仲間入り間違いなし。今夜は常夜鍋で決まりですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

炊き込みご飯 レシピ

簡単でおいしい!とめんどくさがり屋さんの間で噂の明太子パスタソースの炊き込みご飯。『マツコの知らない世界』でも紹介され、大絶賛されていたんですよ。今回は筆者が実際に作ってみました!詳しい作り方やアレンジレシピ…

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ 和菓子 レシピ まとめ

そろそろお彼岸の時期がやってきますね♫お彼岸といえば「ぼた餅」!でも、ぼた餅やおはぎって作るのに手間がかかって大変そうなイメージ…。今回は、そんなイメージを覆すくらい、簡単で美味しいぼた餅・おはぎのアイデアレ…

うどん レシピ まとめ

カルボナーラうどん、イタリアンうどんなど、アレンジうどんが話題になっています♪マンネリしがちだったうどんを、洋風・中華風などおしゃれにアレンジして、おいしくいただいちゃいましょう☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

大阪 ステーキ 梅田 まとめ

梅田にある人気のステーキレストランを厳選してご紹介。ランチなら安くて利用しやすいお店もあるので、家族のお祝いで訪れるのもおすすめ。目の前で焼いてくれる鉄板焼きのお店もあるので、大切な人と訪れるも良し、利用シー…

日本酒 まとめ

だれもが自分のお気に入りのお酒ってありますよね?しかし、気に入っているものに限って買える場所が見つからないものです。そんな時の強い味方が、正規特約店の酒屋!今回はピックアップした日本酒の、都内の正規特約店をご…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る