ローディング中

Loading...

自宅で作るプリンはお店のプリンとは違い、甘さや大きさなどを自分の好きなように調節できるなど、手作りならではの味わいを楽しむことが出来ます。しかし作る際に、固まらないという経験をした方も多いことでしょう。今回は失敗しないコツを紹介します。

プリン作りの基本

お菓子作りで注意することは、分量・火加減・工程です。これをレシピ通りにきちんと守っていないと失敗する可能性が高くなります。プリンも同じです。プリンを作るときにも、材料や分量などをきちんとそろえ、必要なポイントをしっかりと踏まえて、固まらないという失敗がないようにして作りましょう。固まらない場合は、必ずどこかに原因があります。固まらない原因にもどんなものがあるかを説明しながら、今回はゼラチンを利用したプリンの作り方を紹介しますね。

ゼラチンでプリンを作れば失敗しない!

冷えると固まるゼラチンの性質

プリンの材料で必要な「ゼラチン」。このゼラチンは冷えて固まる性質を持っています。つくる際に、ゼラチンを1度溶かしますが、プリンが冷えるとゼラチン分子が集まり、網の目に紐のような構造をつくりだすのです。水分はゼラチン分子の中に閉じ込められ状態となり、液体が固まった状態になります。これを応用して、固まらないという失敗をなくすということになります。

プリンが固まらない3つの理由

ゼラチンを使わずに本来ならプリンを作ることが多いと思います。なぜ、そもそも固まらないプリンができてしまうのか、そちらをまずは解説します。

牛乳をちゃんと温めていますか?

牛乳は冷蔵庫から出してすぐの冷たい状態のまま使用をすると、加熱しても固まらないという現象が起こる場合があります。ポイントとしては、牛乳を人肌まで温めた状態でプリン液をつくりましょう。レシピ通りの分量でつくっても、長時間冷蔵庫で冷やしたにも関わらず固まらないというときには、牛乳の温度を見直してみてください。温度は、他の材料に負荷をかけてしまう場合があります。もし牛乳を温めていないことで固まらない場合には、プリンをつくる工程で温度を少し高めにして、時間も長めに調理をしてみてください。

分量を間違えている?

分量をきちんと測ったつもりでも、間違えている場合もあります。お菓子作りにおいては、正しい分量を量るということが最も重要です。ゼラチンを入れる場合は、ゼラチンの量が少ないとプリンが固まりません。ゼラチンの量も必ず守りましょう。また牛乳が多すぎてしまうと今度はプリン液がゆるめの状態になり、この場合もうまく固まりません。プリンは牛乳と卵の比率が大切です。細かいことですが、卵のサイズもSかMかによっても重さが違ってくるため、プリンをつくる前に必ず材料の分量はきちんと確認しておきましょう。

火力が弱い?

コンロを使って蒸し器や湯銭でつくる場合では、正しい温度設定を保つことは難しいと思います。火力が弱すぎてしまうと、“卵の凝固温度”に達せずにプリンが固まりません。卵の凝固温度は約60~70度です。火力をあげて蒸すことをオススメしますが、温度が高すぎた場合は逆に「ス」という気泡が多く入ってしまう場合もあります。強火で加熱しすぎるのも注意が必要です。牛乳の分量が多すぎたプリンは、卵が固まったとしてもゼラチンの量が少ないことでゆるくなっているため、慌てて再加熱しても固まらないので覚えておきましょう。

絶対に固まるプリンの作り方

固まらない理由も解説した上で、それではさっそく絶対に固まるプリンの作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの

「カラメルの材料」
グラニュー糖 大さじ6
水 大さじ2
熱湯 大さじ3

「プリン材料」(4人分)
牛乳 170ml
生クリーム(牛乳可) 50ml
卵 2個
グラニュー糖 大さじ3
ラム酒 小さじ1(あるいはバニラエッセンス3滴)
◎ゼラチン 5g
◎水 大さじ2
カラメル 適量

「道具」
プリンの容器(耐熱性)4つ・鍋・ボール・泡だて器

プリンの作り方

事前準備として分量を全て測っておくこと!
1.◎の材料である水にゼラチンをいれ、10分以上放置して事前にふやかしてください。
2.カラメルをつくり、プリンの容器にカラメルを流し込んでおきましょう。
3.カラメルソースをまず作ります。グラニュー糖に水を加えて鍋にかけましょう。色が茶色なってきたら、火からはずして熱湯をいれてのばします。これでカラメルソースの完成です。
4.牛乳・卵・生クリーム(牛乳可)・グラニュー糖を合わせて、ざるなどでこして鍋に移します。このとき中火で色が白っぽくなるまで、絶えずかき混ぜてください。
このときにかきまわさずに手を休めていたり、火加減が強すぎる弱すぎたりするとプリン液が分離する可能性があります。
5.鍋の底にとろみがつき始めたら、すぐに火を止めましょう。そのあともよくかき混ぜてください。
6.5を冷やして約60~70度になったところで、ふやかしたゼラチンとラム酒(あるいはバニラエッセンス)をよく溶かしながらいれましょう。そのあとにプリンの容器に、カラメルソースの上から流し込んで冷蔵庫に冷やしてできあがりです。このときに、プリン容器の厚さや内容量の差によっては固まらないことがあるので、そうした場合には、冷蔵庫で少し長めに冷やしておくことで固まります。
ワンポイントのアドバイスとして、お湯をはったフライパンに鍋を入れて、湯銭状態でプリンをつくると失敗がありません。湯銭の状態でも手は休めずに絶えずかき混ぜましょう。

失敗しないプリン作りを

いかがでしたか?少しのポイントをおさえれば固まらないプリンではなく、家庭でも美味しく簡単にぷるぷるのプリンを作ることが出来ます。今回はゼラチンを使うことによって失敗しないプリンを紹介しましたが、本来分量・火加減・工程にちゃんと気を付けながら作るとプリンはおいしく完成するものです。ぜひ愛情たっぷりの手作りプリンをお子さんやご主人さんに作ってみてあげてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ ホテル

八事サーウィンストンホテル内のカフェラウンジ「W Café」で、秋の実りを感じる旬のフルーツや食材を使って、ヘルシー&アンチエイジングを意識し仕上げられた『秋のインナービューティーアフタヌーンティー』が登場!…

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

プリン

日光の素材を使ったプリン専門店「日光ぷりん亭」が、日光東照宮・神橋近くにオープン!日光ぷりんの特徴は、日光霧降高原大笹牧場の牛乳と日光産の卵を使った、とろけるようななめらかな食感のプリンが楽しめるお店です。

カレー レシピ

プチプラファッションで人気の「しまむら」。そのしまむらで買えるスヌーピーのデコカレーがかわいいと話題になっていることをご存知でしょうか。今回はしまむらのライス型を使った、簡単でかわいいスヌーピーカレーの作り方…

スイーツ シュークリーム

世界中で広く親しまれているお菓子のひとつ『 OREO®(オレオ)』を使用した、「OREO®入りのシュークリーム・クッキ―&バニラ」など計5品のスイーツが登場!お店に並んでいる『オレオ®』と少し変わった食べ方を…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お花見 お弁当 揚げ物 レシピ まとめ

お花見などのお弁当には欠かせない揚げ物料理。お花見ではお酒を飲む方も多いと思いますが、おつまみにもなるレシピを8選ご紹介します。彼とお花見を計画している方、必見ですよ♡

パン レシピ まとめ

instagram(インスタグラム)ユーザー「utosh」さんが作るパンを使ったメニューをまとめました。朝は「パン派」という人は必見!忙しい毎日でも、たまにはゆっくりした朝食を味わってみませんか?皆さんも参考…

レシピ サラダ まとめ

メインの料理に合わせる脇役の野菜達にもしっかり存在感を持たせたいですよね。でも手間暇はかけたくない。そんな時に役立つ海外のアイデアレシピ10選をご紹介します。栄養豊富な野菜でサイドを固めてヘルシーな食事を心が…

レシピ おつまみ パスタ まとめ

「タプナード」は南仏・プロヴァンスのベースト食材。ソースとして様々な料理とも合うことから、じわじわと人気を集めているんです。オリーブやアンチョビなどの素材を使用しているため、ワインなどのアルコールとも相性抜群…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

まとめ レシピ

一食400カロリー以下で栄養も摂れ、しかも短時間で調理出来る朝ごはんを海外レシピよりご紹介します。朝はコーヒーだけで済ましている方もいるかと思いますが、やはり朝ごはんは大切。安心低カロリーの朝食ですので、是非…

スイーツ まとめ

具材をたっぷり温かいソースにディップして食べる、フォンデュ。チーズが一般的ですが、見逃せないのが抹茶を使った「抹茶フォンデュ」なんです!甘みと苦味のバランスが絶妙で、ついもっと食べたくなるこちらを楽しめるお店…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る