ローディング中

Loading...

暑くなると「ゴーヤ」が食べたくなる人、多いのではないでしょうか。独特な苦味が特徴の野菜ですが、それがクセになるんですよね。ただし、考えなしに食べ過ぎてしまうと体に毒となることも。今回はそんなゴーヤの栄養効果と食べ方のポイントをご紹介します。

栄養満点なゴーヤで夏バテ防止!

ゴーヤチャンプルーにゴマ和え、おひたし……、気温が高い季節になると、ゴーヤを使った料理が恋しくなりますね。暑い地方でよく食べられているゴーヤは水分が多く、体を冷やすので夏バテの予防に効果的だといわれています。ただその一方で、食べ過ぎは体に毒だという声も。

では、実際のところはどうなのでしょうか?

ゴーヤに含まれている栄養成分

あまり知られていませんが、ゴーヤはとても栄養価の高い野菜です。風味は独特ですが、基本的には体によい食材なんですよ。ちなみに、ゴーヤ1本(約250g)のカロリーは、43kcalと低カロリーです。

それでは、ゴーヤに含まれている栄養素をご紹介します。

ビタミンC

ゴーヤには100gあたり76mgのビタミンCが含まれています。これはレモンの約2〜4倍、トマトと比較するなら約3〜5倍もの量。しかも、ゴーヤに含まれるビタミンCには加熱に強いという特性があります。これは野菜の中でも唯一といえるものなんだとか。

たとえば炒めてゴーヤチャンプルーにしても、ビタミンCが失われることはありません。

カルシウム

100gあたりの含有量は14mg。なんと、牛乳の約14倍です。

食物繊維

ゴーヤに含まれる食物繊維は100gあたり2.6g。繊維質な野菜というイメージがあるセロリの約30倍です。またゴーヤの食物繊維にはモモルデシンという成分があり、あの苦味の元となっています。

ビタミンB1&B2

ゴーヤ100gあたり、ビタミンB1は0.05mg、ビタミンB2は0.07mg含まれています。

鉄分&葉酸

ゴーヤ100gに含まれる鉄分は0.4mg、葉酸は72μg。鉄分はほうれん草の約2.3倍相当です。

チャランチン&コロコリン酸

おもしろい名前の成分ですが、こちらの2つもゴーヤの苦味の元です。どちらも植物インスリンと呼ばれ、血糖値の上昇を抑える作用が期待されている成分です。

ゴーヤの健康・美容効果

ゴーヤを食べることで何を期待できるのか。あなたが思っている以上にいろいろな効果がありますよ。

夏バテの防止

ゴーヤは解熱効果のあるキニーネを含んでいて、水分を多く含むゴーヤには体を冷やす効果があります。また、食欲増進、疲労回復などの働きも。暑さに弱い方は、ぜひ適度にゴーヤを食べて夏バテを予防してくださいね。

美肌効果

ビタミンCが豊富なゴーヤは、夏の紫外線対策にうってつけ。メラニン色素の分泌を抑えてくれるので、日焼け後のダメージケアやシミ・ソバカス対策としての効果を期待できます。

ダイエット効果

食欲をうながす一方で、食物繊維豊富なゴーヤはダイエットの助けにもなります。余分な脂質の吸収を防いでくれるほか、体脂肪の増加を抑える働きも。また、満腹感の高い食材でもあるので、食べ過ぎの予防にもおすすめです。

ゴーヤの上手な食べ方は

ゴーヤを食べる前に、ぜひいくつかのポイントを覚えておいてください。その方がおいしく食べられますし、栄養の効果も大きくなりますよ。

「乾燥ゴーヤ」を使う

ゴーヤを天日干しした「乾燥ゴーヤ」は生のゴーヤよりもさらに栄養価が高いのだそう。たとえばビタミンCは10倍に、カルシウムは15倍、鉄分は30倍になるといわれています。乾燥と生、どちらも手に入るようなら、乾燥したゴーヤを選ぶべきです。

塩もみしたり茹でたりは必要はなし

ゴーヤの苦味を除くため、塩もみをしたり、下茹でしたりする方がいますが、実のところ、それでは苦味の強さはあまり変わりません。食感が悪くなるだけなので、どちらもしないで調理しましょう。

豚肉と合わせて夏バテ対策

ビタミンB1が豊富な豚肉はゴーヤと相性のよい食材です。必要以上に長時間加熱すれば、加熱に強いゴーヤでもビタミンCが失われてしまうので、サッと炒めていただきましょう。

わたと種も食べる

ゴーヤのダイエット効果に注目するなら、わたと種は捨てずに食べましょう。わたには果肉の3倍近いビタミンCが、種には共役リノール酸がたっぷりと含まれています。

苦味が強い部分なので、まずはお口に合うか試して、嫌でないと感じられたならぜひ食べるようにしてください。油であげたり、果肉と一緒に炒めるのもおすすめ。

また、子どもに食べさせると嘔吐や下痢の原因になることがあるといわれているので、注意が必要です。

保存は冷凍庫に

ゴーヤは大きく、丸々ひとつを1食で食べ切るのは大変です。そこで、あまったゴーヤは冷凍保存してください。その際は、以下のようにするのがおすすめです。

1. 縦に切って半分に割り、種とわたを取り除く。
2. 適当な大きさにカットして塩をふり、5分ほど置いておく。
3. お湯でサッと茹で、水気を取る。
4. フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。

1、2ヶ月なら風味の劣化はごくわずかですので、ぜひ試してみてくださいね。

ゴーヤを食べるとき注意したいこと

ゴーヤを食べすぎると体に毒だといわれる理由のひとつは、胃酸の分泌をうながす点。適度な胃酸は消化の助けとなりますが、多すぎれば胃の粘膜に負担をかけ、胃痛の原因となります。

また、妊婦さんにはよくないといわれるのは、体を冷やしすぎてしまう可能性があるからでしょう。

とはいえ、沖縄では妊娠中であろうとあまり気にせず食べられているようで、それほど意識する必要はないようにも感じられます。あまり過敏に警戒せず、妊娠中は念のために量をひかえるくらいでいいのではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
栄養満点なゴーヤを食べすぎるといけない理由、ご理解いただけたでしょうか。ほどほどであれば何も問題のない食材ですので、ぜひ自分に合った量で、暑い季節を乗り越えるために役立ててみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

レシピ サラダ まとめ

野菜をソースでディップして食べる「バーニャカウダ」。食べたことがある方も多いのでは。その一方で、名前の由来やどこの国の料理かなど、知らないことも多い料理です。今回はバーニャカウダの基本情報や食べ方、レシピなど…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

ほうれん草 まとめ

ほうれん草を常備したいなら、冷凍保存すればグンと長持ちすることをご存じですか?冷蔵庫で数日放置するとヘタッとなってしまい、意外と日持ちがよくないですよね…。そこで今回は、ほうれん草の冷凍保存を方法別にご紹介し…

トリュフ きのこ レシピ まとめ

皆さんにも聞き馴染みの多い「世界三大珍味」の一つ、トリュフ。チョコレートにもトリュフというものがありますが、珍味のトリュフとの関係は?さまざまな魅力があるトリュフについて、基本的な食べ方やおすすめレシピなどを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

ロブスター

数多の人々がその夢を追い、そして露と消えたーーそれが「不老不死」。しかしこの地球上には、その不老不死の肉体を持つ生き物がいるとかいないとか!その生き物とはなんと、ロブスター。不思議すぎる生き物ロブスター、その…

バー 秋葉原 立ち飲み 缶詰 まとめ

仕事帰りの一杯やデートに必須のバー。いざという時にサッとお店にエスコートできたらスマートですよね。今回は秋葉原の厳選バー15選をご紹介します。定番バーの他に秋葉原ならではのコンセプトバーも多数。あなたはどのバ…

ushi3

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真...

ページTOPに戻る