ローディング中

Loading...

調理後に残った野菜の根や茎部分などを捨てずに水栽培して、鑑賞を楽しみながら再利用するエコな「リボベジ」。見た目がかわいらしくナチュラルな雰囲気なので、インテリアとしても大活躍。今回は、リボベジとはどのようなものなのか、詳しくご紹介します。

手軽に家庭菜園を楽しもう

リボベジは「リボーン・ベジタブル」の略称で、日本語にすると「再生野菜」。調理後に残った野菜の根や茎部分などを捨てずに水栽培して、鑑賞を楽しみながら再利用する方法です。

新たに買い直す必要がないので、お財布に優しく、エコにもつながるため、近年、実践する人が急増しています。「手軽な家庭菜園」というイメージが最適でしょう。

また、リボベジは見た目がかわいらしくナチュラルな雰囲気なので、インテリアとしても大活躍してくれるんですよ。

今回は、そんなリボベジについて詳しくご紹介します。

必要なものは「水とお皿」だけ

リボベジが従来の家庭菜園と一番異なる点は、土を使わない、手間がかからない、特に準備が必要ない、ということ。「やってみたいな」と思ったら、その日からさっそく試せる手軽さにあります。

実際、用意するものは「水とお皿」だけ。構えずに始められる点、ものぐさな人に嬉しいですね。

やり方は?

改めて説明不要なほど、とっても簡単!

お皿に使い残した根を入れて日の当たる窓際やベランダに置いておき、毎日、水をやるだけ。この繰り返しで自然と野菜が育ちます。

こんな野菜が育てやすい!

ここで、リボベジに活用しやすい野菜を幾つか紹介します。どの野菜でもやり方は基本的に一緒で、残った根や茎、ヘタをお皿に移し、毎日、水をやるだけです。

豆苗

リボベジといえばこれ、という野菜が豆苗です。

豆苗はほんのりとした豆の甘みと、シャキシャキした食感が特徴の野菜で、サラダや炒め物、お鍋など、さまざまな料理に利用できます。アクを抜く必要がないので、使いやすさも◎。ビタミンCやビタミンB、βカロチンなど、栄養豊かな野菜としても知られています。

葉と茎を食べ終えたら、豆から2〜3センチ上でカットし、お皿に移して毎日、水をやりましょう。スクスクと育つ姿が楽しめますよ。

にんじん

調理の際に切り落としたヘタに近い部分を、切り口を下にして水に浸けておくと、葉が成長します。

かわいらしい緑の葉がちょこんと顔を出した姿は、インテリアにぴったり。

しかも、にんじんの葉、実は料理の用途が多彩なんです。サラダに使ったり、天ぷらにしたり、細かく切ってふりかけにも使えます。

体の老化予防に役立つビタミンEが豊富な点も魅力です。ぜひ試してみたいですね。

あさつき

煮たり、炒めたり、細かく刻んで薬味に使用できるあさつきも、リボベジできる野菜のひとつ。

根の部分が付いたあさつきを購入して、葉の部分を使ったら、根を深めのお皿に水に浸しましょう。緑の葉がニョキニョキと育ちます。

大根

にんじんと同様、葉に近いヘタの部分を水に浸すと、葉を育てることができます。

お店で大根を買うとき、切り落とした葉が付いている上半分と、下半分がありますよね。葉を再利用したい人は、ぜひ今後は上半分のものを購入しましょう。

大根の葉もふりかけや炒め物、味噌汁の具材など、用途はさまざま。ぜひお好みの使用法を見つけてくださいね。
経済的に大助かりで、しかもナチュラルなインテリアとして楽しめるリボベジ。日々の生活を彩る趣味として、ぜひ今日から試してみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

たっぷり野菜とトマトソースで煮込んだラタトゥイユ。おいしいラタトゥイユの基本レシピとトマト缶で作れる簡単アレンジ、パスタやお肉のソースとして使うアイデアなど、今回はラタトゥイユの魅力たっぷりの内容をご紹介。上…

餃子

みなさん、餃子はいつもどのようにして包んでいますか?今回は、初心者さんでも分かりやすくコツを説明した基本の包み方から、簡単なのにかわいいフォトジェニックな包み方まで、いろんな餃子の包み方をご紹介!ぜひ、参考に…

サラダ まとめ

いろいろな野菜をソースにつけて食べる「バーニャカウダ」。夏も冬も楽しめる、手軽なサイドメニューです。今回は、材料4つでできる基本ソースの作り方から、簡単アレンジソースを7選紹介します。ちょっと風味を変えれば飽…

サラダ おしゃれ レシピ

ミニトマトで作る「水玉カプレーゼ」が、SNSやインスタグラムで話題になっているのをご存知ですか?作り方も簡単で色合いもとてもキレイなんです♩パーティーメニューの一品にも大人気「水玉カプレーゼ」のレシピとアイデ…

まとめ 肉料理 スイーツ

今回は、2017年に開催される「フジロック」「ロッキン」「サマソニ」 のおすすめフェス飯をまとめてみました!過去の人気メニューから毎年行列のできる名物まで、当日食べるフェス飯を今からチェックしておきませんか?

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

レシピ

コーヒーと輸入食品のお店「カルディ」で販売されている生ハムの切り落としが、安くていろんなアレンジができると注目されています。もちろん、そのまま食べるのもおすすめ!今回は、そんなカルディ生ハムのお値段やカロリー…

初夏から夏に旬を迎える、ししとう。その前に、ぜひとも知っておいてほしい、ししとうの種のお話。楽しく簡単に種を取るワザ、新鮮なししとうの見分け方、さらに、ししとうのおすすめレシピまで詳しくご紹介します。

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る