ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

春の味覚のひとつ、たけのこ。調理が面倒…と思っている人も多いですよね。実はズボラさんや毎日忙しい人にこそ重宝な便利食材。美腸にみちびく食物繊維をはじめ、むくみや疲労回復に嬉しい栄養が豊富なたけのこをおいしく食べるコツをご紹介します。

春が旬のたけのこ

たけのこは山菜の一種で、3月~5月が旬の春を代表するお野菜です。中国が原産で、「孟宗竹(もうそうちく)」と呼ばれる竹の地下茎からニョキニョキと伸びたたけのこが主流。

食物繊維やカリウムなどのミネラル類が豊富なため、デトックス効果が期待できます。また食べごたえがある割に30kcal(可食部100g中)ととても低カロリーなので、ダイエットにもおすすめの食材です。

春先は一大生産地である福岡県をはじめ九州・四国・関西地方のものが多く流通し、4月以降は東北など東日本産のものも流通します。

おいしいたけのこの選び方

たけのこを選ぶ時のポイントをご紹介します。

まず、根元の切り口がみずみずしいものを選んでください。切り口が黒ずんでおらず白いものが理想的。
手で持った際にずっしりと重みがあり、やわらかな産毛の生えた外皮が薄い黄色でツヤのあるものを選びましょう。
また、穂先が黄色いのも新鮮な証拠。黄緑っぽいものはえぐみ(アク)が強いので注意しくてください。

収穫後はどんどんえぐみが強くなるので、購入後すぐにゆでることが大切です!たけのこのゆで方は後ほどご紹介します。

ゆでてしまえば冷蔵庫で約1週間保存できます。忙しくて買い物に行けない日のおかず作りもたけのこを使えば簡単!下ゆでしてあるので火の通りも早く、調理時間も短くて済みますよ。

たけのこには栄養がたっぷり

食物繊維が豊富!

たけのこには可食部100gあたり2.8gと、豊富な食物繊維が含まれています。ゆでるとさらに3.3gへアップ!
特に「セルロース」と呼ばれる不溶性の食物繊維が豊富です。不溶性食物繊維は腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激するため、便秘の解消や腸の病気を予防するのに役立ちます。
たけのこはまさに「腸活」にピッタリの食材なんです。

カリウムが豊富!

可食部100gあたり520mgのカリウムも含まれています。
カリウムは細胞の機能を支える重要なミネラルです。主に細胞内のナトリウム濃度を調整し、余分なナトリウムや水分を排出します。高血圧やむくみの予防に効果が期待されているカリウム。
また、カラダからカルシウムが出ていくのを防いで骨粗鬆症を予防するとも期待されています。

アスパラギン酸が豊富!

アミノ酸の一種で旨味成分でもあるアスパラギン酸も豊富です。アスパラガスにも多く含まれるアスパラギン酸は、疲労回復やスタミナUPに効果が期待されています。
季節の変わり目はカラダに疲れがたまりがち。アスパラギン酸を摂って、上手に疲れを取り除きましょう。

ゆで方と保存方法

たけのこのゆで方

1. まず穂先を大きく斜めに切り落とします。
2. 次に包丁で1か所、縦に切れ込みを入れます。
3. 大きめの鍋にたっぷりの水と米ぬか(片手分)を入れ、たけのこを皮ごと漬けて、お湯が沸くまで強火で数分加熱します。
4. 沸いたら弱火にして40~50分コトコトと煮込みます。根元に竹串を刺してすっと通ればOKです。

ゆでるときのポイント

・必ず大きめの鍋でゆでましょう。
・沸騰してからではなく、必ず水からゆでてください。
・たけのこに均等に火が入るよう、全体が浸からない場合は裏表を返しながら煮ます。

たけのこの保存方法

1. 粗熱が取れたら、たけのこの外皮を数枚剥がします。
2. 食べやすい大きさに切り分けます。
3. 保存容器にきれいな水と乾燥唐辛子を1本入れ、切り分けたたけのこを漬けます。
4. 蓋をして冷蔵庫で保管。水は毎日取り換え、1週間前後で使い切るようにします。
保存の際も、たけのこが完全に水に浸かる状態を保ちましょう!

穂先(姫皮)は炊き込みご飯やお浸しに、中間部分は炒め物や煮物に、根元部分は細切りにしてチンジャオロースーなどの炒め物に使うのがおすすめです。

冷凍保存する場合

冷凍保存する場合は、上記の手順でゆでた後、水気を切って薄切りまたは細切りなどにしてからラップに包み、食品用保存袋に入れて冷凍します。大きな塊のまま冷凍するとスカスカになってしまうので、できるだけ細かく刻んでください。
細かく刻んだたけのこをごはんと一緒に炊き上げ、たけのこご飯にしてから冷凍すると便利ですよ。

たけのこは冷凍保存できるものの、少し味が落ちてしまいます。一度に大量のたけのこをいただいた場合などを除き、できることなら冷蔵保存しながらおいしく食べきりましょう。
一般的な大きさのたけのこであれば、先ほどご紹介した水に漬ける保存方法で、7~10日前後で使い切れると思います。
続いて、下ゆでしたタケノコを使う簡単レシピをご紹介します。

【レシピ】たけのこの豆乳甘酒ポタージュ

材料(1人分)
・ゆでたけのこ …30g
・豆乳 …200ml
・甘酒 …小さじ1(ノンアルコールタイプのもの) 
・乾燥パセリ …少々

作り方
1. たけのこをザク切りにします。
2. たけのこ、豆乳、甘酒をハンドブレンダーもしくはミキサーで攪拌します。(ホットで飲みたい場合は鍋に移し、弱火で加熱する)
3. 器に入れ、乾燥パセリをまぶします。
たけのこは柔らかい先端部分を使うのがおすすめです。
姫皮を細かく刻んでパセリと一緒にトッピングし、切れ込みを入れたたけのこを器に飾るとおいしそうに仕上がります。

【レシピ】たけのこと豚肉のトマトカレー煮込み

材料(1人分)
・ゆでたけのこ …50g
・豚ロース(薄切りまたはこま切れ)…50g
・ブロッコリー …100g
・トマト缶 …200g
・オリーブオイル …小さじ1
・カレーパウダー …約5振り
・オレガノ(乾燥粉末)…少々
・塩 …少々
・白こしょう ・・・少々

作り方
1. ブロッコリーは熱湯で約2分下ゆでし、ひと口サイズに切る。たけのこは5mm厚にスライスする。豚肉はざく切りにして塩コショウで下味をつける。
2. 鍋にオリーブオイルをひき、豚肉を中火でさっと炒める。次にブロッコリー、豚肉、トマト缶を加え中火で3〜5分、軽く沸くまで煮込む。
3. カレーパウダー、オレガノを加えて軽く混ぜ、蓋をして弱火で5~6分煮込む。
このレシピには、ほどよい硬さのある中間部分を使うのがおすすめ。ほんのりカレー風味のトマト煮込みは、たけのこの食感が楽しくボリューム満点です。ぜひお試しください。
食物繊維たっぷりで、お疲れのカラダに嬉しい栄養たっぷりのたこのこ。和洋を問わず、いろいろなお料理に使えるので、ぜひ旬をおいしく味わってくださいね!

次回予告

次回はそらまめのインナービューティー効果に注目します!そらまめをおいしく食べるレシピもご紹介。どうぞお楽しみに。

(写真&スタイリング/國塩亜矢子)

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

八王子 カフェ

テレビや雑誌など、さまざまなメディアで引っ張りだこになっている八王子のジャズバーカフェ「ロマン」。そのロマンの名物メニューである「煮かつサンド」ってご存知ですか?今回はファンの心を鷲掴みにして離さない、煮かつ…

レシピ

卵黄をからめていただく「塩こんぶつくね」のレシピをご紹介します!こんぶが、軟骨のようにしっかりとしていていいアクセントに。枝豆も入っていて、お酒好きにはたまらないおつまみです。もちろん白ご飯との相性も抜群!思…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/

ページTOPに戻る