3. 葉の色付きを変えられる「ローラ」(エケベリア属)

Photo by macaroni編集部

今:こちらも根強い人気がある品種。きれいなロゼット型と、ぷっくりした葉の厚みが魅力です。

植える土のタイプによって色付きが変わるのが大きな特徴。有機質を多く含んだ土だと、緑色で厚みのあるベーシックな形に、砂のように細かい無機質な土だと白っぽくなります。

好みによって、調合具合を変えて遊ぶのも楽しいですよ。

自分だけの鉢を作れる「寄せ植え」

Photo by macaroni編集部

「寄せ植え」は、その名の通り、ひとつの鉢にさまざまな多肉植物をきれいに植え付ける手法です。

使う鉢や多肉、レイアウトは人それぞれ。自分だけの鉢を作ることができます。そんな寄せ植えでの心構えを、今さんに訊いてみました。

Photo by macaroni編集部

今:直径3cmほどの小ぶりな多肉を集めましょう。そこにワンポイントとして大きなものを入れると、「寄せ植え」らしくなります。

多くのお店では、適した多肉をまとめた寄せ植えセットが売られているので、それをベースに組み合わせるのがおすすめ。管理方法は基本と同じですが、生育タイプの似た多肉で統一した方が育てやすいですよ。

自分の好みによって、いろいろ挑戦してみてください。

多肉植物の奥深い世界へ

交配によって次々に新種が生まれる多肉植物。定番品種から始めて、自分の好みを探ってみましょう。

専門店でなくても手軽に入手できるので、ぜひ多肉コーナーで足を止めてみてください。気づいたら多肉の深〜い沼にハマっているかも……?

企画・執筆撮影:道岡直宏(macaroni編集部)
観葉植物について詳しくはこちら▼
取材協力

Photo by macaroni編集部

オザキフラワーパーク 花・植物・生活&ペット用品などがそろった、日本最大級の園芸専門店。ジャングルのような植物陳列が特徴的で、多くのファンに愛されています
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ