ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

陶器・磁器は電子レンジで使用できる?

陶器や磁器のほとんどは電子レンジに対応可能。陶器や磁器のアイテムは、約1,200~1,300度の温度で製造されています。素材の性質的にも電子レンジの加熱温度は十分耐えられる温度なんです。

なかには急激な温度上昇に耐えられないものも

陶器・磁器は電子レンジに対応している食器が多いですが、なかには電子レンジに対応していないものもあります。陶器や磁器は30~40時間と時間をかけながら温度を上げて作られるので、急激な温度上昇に耐えられず割れる場合も。とくにコーティングや装飾が施されている陶器・磁器は、変形や変色を起こすおそれもあるため注意が必要です。

陶器を電子レンジで使う際に注意すること

なるべく「電子レンジ対応」のものを使う

陶器を電子レンジで使うときは、必ず電子レンジに対応しているかどうかを確認しましょう。「陶器は電子レンジで使えない」というイメージがあるので、パッケージの目立つところに表記されていることが多いです。

金彩・銀彩が施されているものは使用不可

「金彩」「銀彩」と呼ばれる金や銀の装飾が施されているものは、電子レンジで使えません。装飾が電子レンジの熱に耐えられず、変色や変形してしまったり、ショートしたりする危険性があります。

使用頻度に気をつける

陶器は強度があまり高くありません。頻繁に電子レンジでの温めを繰り返すと割れやすくなるので注意が必要です。電子レンジでの利用回数をなるべく少なくすることで割れを防げますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ