ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

カレー好きの間では鉄板!アチャールってなに?

Photo by akiharahetta

「アチャール」は、本場インドやパキスタンでは “カレーのお供” として欠かせない存在。玉ねぎやにんじん、豆などをスパイスや酢で味付けした漬物で、そのさっぱりした味がカレーの辛さをリセットしてくれるんですよ。

これが近年スパイスカレーブームの影響で注目されており、カレー好きのあいだでも人気になってきているんです!

手軽に本格的な味。カルディの「アチャールの素」

Photo by akiharahetta

182円(税込)/20g
聞くところヘルシーそうだし、ぜひ作って食べてみたいと思いましたが、スパイスの調合をしなければならなくハードル高めです。

そこでお助けアイテムとなるのが、カルディの「アチャールの素」。自宅で手軽に本格的な味を楽しめる便利アイテムですよ。

しかもひと袋で、約10人前のアチャールが作れます。182円(税込)で大量生産できるなんて、かなりお買い得!

気になる中身をチェック!

Photo by akiharahetta

「アチャールの素」の中身はスパイスパウダー。クミン・ターメリック・フェネグリークなど、さまざまなスパイスが絶妙にミックスされています。

見た目はカレー粉にそっくり。原材料を確認すると、塩が入っており、やはり漬物専用のミックススパイスだということがわかります。

素を使ってアチャール作りに挑戦!

Photo by akiharahetta

さっそく「アチャールの素」を使ってみましょう。パッケージの裏面に簡単レシピがのっていたので、レシピに忠実に作ることにします。アレンジの前にまずは基本レシピで味の確認です。

材料は、きゅうり・トマト・赤玉ねぎ・パプリカ・ガルバンゾー(ひよこ豆)・酢。調味料は「アチャールの素」と酢だけでいいんですね。今回ガルバンゾーが見つからなかったので、代わりに大豆を使いました。

野菜を刻んで味付け

Photo by akiharahetta

作り方はとてもシンプル。野菜を刻んで、スパイスパウダーと酢を混ぜるだけです。ポイントは、野菜を豆の大きさに合わせて切ること。

すべての食材のサイズを同じにすると食べやすくなりますよ。豆はカットしにくいので、豆の大きさに合わせるのがおすすめ。

冷蔵庫で寝かせて完成

Photo by akiharahetta

すべての食材をボウルに入れたら、ミックススパイスと酢を加えて混ぜ合わせます。ボウルの底の方まで味がいきわたるよう、まんべんなく全体を混ぜてくださいね。

野菜がムラなくスパイスをまとったら、ラップをして冷蔵庫へ。しばらく寝かせたら完成です。できたてはスパイスが粉っぽく感じますが寝かせることで味がなじみますよ。
Photos:8枚
ボウルに入った野菜の角切り数種
カルディのアチャールパッケージ
カルディ「アチャールの素」の中身
アチャールの材料をテーブルに並べた様子
大豆の水煮と野菜や調味料など
ボウルに入った野菜にスパイスをかけている様子
器に入ったアチャールを木のスプーンですくっている
器に入ったアチャールとカルディのアチャールの素
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS