ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

北欧文化を楽しめる!伊勢丹オリジナルブランド「Fika(フィーカ)」

Photo by akiyon

フィンランドやスウェーデンなどの北欧の国々には、一日に2回ほど楽しむ「フィーカ」と呼ばれるお茶の時間があります。仕事や勉強などの手をいったん止めて、コーヒーと一緒に甘いお菓子を食べるという、とてもすてきな習慣なんですよ。

そんなフィーカを日本の家庭でも楽しめるよう2013年に誕生したのが、東京・伊勢丹新宿店にある北欧菓子専門店「Fika(フィーカ)」。いろいろな形・味わいのクッキーや焼き菓子のラインアップがあり、おいしいうえにパッケージまでかわいいと大人気のお店なんです♪

フィーカの「北欧スイーツアソート」をお取り寄せ!

Photo by akiyon

3,240円(税込)
うれしいことに、店舗に行けなくてもお取り寄せして楽しむことができます。さっそく人気の北欧菓子が4種類入った「北欧スイーツアソート」を購入してみました。

届いた商品をさっそく開封!白樺のようなデザインの箱の中には、カラフルな箱入りのクッキーや、かわいい形の焼き菓子が入っていました。北欧ファンならずとも目を引く洗練された内容に、わくわくが止まりませんよ♪

北欧デザインの箱も魅力的!

Photo by akiyon

およそ7種類ある定番クッキーはそれぞれ、世界的に活躍するフィンランド出身の女性デザイナーが手掛けたかわいい箱入りです。北欧らしいモチーフのキュートな絵柄は、思わず集めたくなってしまうほど。「北欧スイーツアソート」には、そのうちの2種類が入っています。

ハロウィーンやクリスマスシーズンには期間限定デザインも登場するので、ぜひチェックしてみたいですよね。それでは、いよいよお味見の開始です!

ハッロングロットル(ストロベリー)

Photo by akyon

北欧の代表的なお菓子「ハッロングロットル(ストロベリー)」は、つやつやのいちごジャムが真ん中に入った白いクッキー。ふっくらと厚みがある生地はバターがたっぷり!とてもしっとりとしていて、噛むとほろりと崩れます。

なめらかでほどよい甘さのいちごジャムは、酸味があって生地との相性が抜群ですよ。パッケージは「ショートケーキの断面」がモチーフとのこと。ひと箱10個入りで、このほかにアプリコットとリンゴンベリーのバージョンも販売されています。

ドロンマル(プレーン)

Photo by akiyon

シンプルなフォルムの「ドロンマル」は、スウェーデンでポピュラーなクッキー。表面が少しひび割れていて、噛むとガリっとした歯応えがあるのが特徴です。

素材は小麦粉やバター、砂糖といったシンプルな構成で、卵は使用していません。とても素朴な味わいながら、バターの風味とコクをたっぷり楽しめますよ。「森」をイメージしたデザインの箱に、16個入り。ほかにココアパウダーとナッツが入ったココア味もあります。

マンデルカーカ

Photo by akiyon

小さなクグロフ型で焼いたような形の「マンデルカーカ」は、バターの風味豊かなミニケーキ。表面に砕いたアーモンドが散らしてあり、生地にもアーモンドパウダーが入っているのが特徴です。

生地の中は黄色っぽい卵色で、甘さは控えめです。ふんわりした食感と、アーモンドのカリっとした食感が楽しめますよ。アソートセット限定のアイテムで、3個入り。緑の水玉のパッケージデザインもおしゃれです♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS