ライター : La Briller Aki

世界のお茶マイスター

「おうちでおいしく可愛くティータイムを楽しめるようになる」世界のお茶教室「Flower&Tea Room La Briller(ラブリエ)」主催。紅茶コーディネーター、世界のお茶マイスター、世界のお茶…もっとみる

紅茶の賞味期限が切れたらどうする?

リラックスタイムのお供にぴったりの紅茶ですが、気づいたらおうちにある茶葉の賞味期限が切れていた、ということはありませんか?

この記事では紅茶を長く楽しむための保管方法や、賞味期限が切れた紅茶の活用方法、紅茶を使った簡単レシピなど、紅茶のさまざまな楽しみ方をご紹介します。

保存状態によって差が出る

未開封の場合

開封前の紅茶の場合は、パッケージに記載されている賞味期限で判断するとよいでしょう。

また、紅茶は茶葉を乾燥させ長期保存できるように加工されているので、封を開けていなければ賞味期限が過ぎていても問題なく飲める場合があります。未開封の場合は保存状態によって判断するのもひとつです。

開封済みの場合

紅茶を開封したら、1か月をめどになるべく早く飲み切りましょう。

開封後の紅茶は日が経つにつれて風味や香りが消えていくので、開封後長い時間が経ってしまった場合は味が落ちてしまいます。傷んでいなければ飲めないことはありませんが、一度開封したら茶葉が新鮮なうちにおいしく楽しみたいですね。

傷んだ茶葉の特徴

紅茶の魅力は豊かな香りですが、鮮度が落ちるとその香りも損なわれます。傷んだ茶葉は湿気を含んでいたり色が変わっていたりするので注意が必要。

また保存状態が悪いと、酸素や湿気が缶や袋の中に入り込んで茶葉にカビが生えてしまうことがあります。カビの発見や異臭を感じたら、飲まずに捨てましょう。

紅茶を傷みにくくするコツ

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ