ライター : Sheage(シェアージュ)

Sheage(シェアージュ)は、「私らしく、もっと輝く」をテーマに生まれたライフスタイルメディア。 インテリア雑貨・グルメ・レシピなどを中心に、一歩先の上質な日々を叶える情報をお…もっとみる

この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。

トースター不要、自宅で焼きたてパンの美味しさを再現できる

ベーカリーからふんわりと漂う香りや、焼きたてのパンの美味しさは格別ですよね。そんな「焼きたて」を自宅で簡単に再現できる「半生パン焼き陶板」が、今パン好きの間で注目を集めています。

プロの料理人が愛用する調理器具「陶板(とうばん)」を使用した食パン専用のパン焼き陶器プレート。

使い方は、直火で温めた後にパンをのせるだけとお手軽。凹凸形状によって美味しそうな焦げ目が程よく付き、表面はカリカリ、中身はふわふわもっちもちの食感に。焼きあがった後はおしゃれなトースター皿としてそのまま使用できます。保温性が高いので、温かさを保った美味しい状態のまま食べることができますよ。

「外カリ中ふわ」食感の仕組み

噛むごとに「カリッ」「ふわっ」食感が楽しめる食パンに焼き上げる秘密は陶板にあります。

陶板とは板状の陶器のこと。高温に加熱された陶板でパンの表面を素早く焼き上げ、パンの中は遠赤外線によって温められます。そのときにパン本来の水分を内側にぎゅっと閉じ込めるので、ふんわりと口どけの良い半生食感のパンに仕上がります。

「半生パン焼き陶板」は三重県四日市の萬古焼でつくられたもの。国内の土鍋トップシェアを誇ることでも有名な萬古焼は、高い耐熱性が特徴です。ひとつ持てば長く使え、いつでも美味しいパンを味わえますよ。

禁断のレシピ「焦しバタートースト」

続いて、とっておきの食パンレシピをご紹介します。じゅわっと染みたバターと、香ばしい香りがやみつきですよ。

作り方

1. 陶板を弱火で1分程度弱火で温め、バター約8gをまんべんなく引きます。

2. パンを乗せ、上から少し手のひらで押してバターを吸わせます。

3. 2~3分焼き、ひっくり返します。

4. もう片面はお好みで焼きましょう。カリッとさせたい方は2分、フワッと感を楽しみたい場合は10~20秒が目安です。

食欲の秋に、美味しい朝を迎えませんか?

食パンを焼くだけでなく、フレンチトーストやエッグトーストなど、さまざまなアレンジメニューも楽しめます。家で食べる朝食が、まるでおしゃれなカフェに様変わりしますよ。

直火調理が可能なので、アウトドアにも重宝します。紅葉を眺めながら、絶品の食パンを味わうのもいいですね。

商品は公式HPより購入することができます。気になる方はチェックしてみてください。

半生パン焼き陶板
幅26.5×奥15.8×高4.8cm
4,950円(税込)
writer / マサミ photo / cook very
取材協力
cook very(クックベリー)
※ 当記事のテキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS