ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

ダイソーの鍋は使い勝手抜群!

Photo by やむ

100均マニアである筆者が選んだダイソーの鍋は、「両手鍋」「アルミ製鍋」「土鍋」の3種類です。

両手鍋や片手鍋など季節を問わず使うものはキッチン売り場に。冬に活躍する土鍋は、シーズンになると目立つ場所に置かれることが多いようです。一押し商品が置いてある売り場もチェックするのがおすすめですよ。

ダイソーの両手鍋

Photo by やむ

直径20cmの両手鍋は、300円(税別)の商品です。スチールで作られているのでステンレスの鍋よりも軽く、扱いやすいところが特徴。

ブルーのほかにレッドもある2色展開です。揚げ物を調理するときは、油の温度が200度以上にならないように注意しましょう。

大きな取っ手で持ちやすい

Photo by やむ

取っ手が大きく作られているので、持ちやすいところがポイント。煮込み料理であれば2~3人分作れます。カレーやシチューなどの煮込み料理や、揚げ物を作るときに適している鍋です。

両手鍋にはフタが付いていません。別売りで鍋蓋があるので、セットで購入するのがおすすめですよ。

商品情報

・素材:(本体)スチール (ハンドル)フェノール樹脂
・サイズ:直径20cm
・加熱方式:ガスコンロ、シーズヒーター、ハロゲンヒーター、エンクロヒーター、ラジエントヒーター
・コーティング:シリコンコーティング
・カラー:ブルーグリーン
・注意事項:たわしやクレンザーの使用不可、空焚や急熱急冷禁止

ダイソーのアルミ製鍋

Photo by やむ

アルミ製の深型鍋は、150円(税別)商品です。直火専用なのでIHでは使用できません。購入したばかりではありますが、全体的に薄く、持ち手の部分にヒビが入ってしまったことから、耐久性はイマイチかな?といった印象です。

アルミ製の高い熱伝導性を活かす

Photo by やむ

満水容量は約1.7Lと表記があります。アルミ製は熱効率が高いので、お湯が沸騰しやすいです。ほかの鍋と比べてとても軽く、使わないときは壁にかけて収納しておくこともできますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS