ライター : Sheage(シェアージュ)

Sheage(シェアージュ)は、「私らしく、もっと輝く」をテーマに生まれたライフスタイルメディア。 インテリア雑貨・グルメ・レシピなどを中心に、一歩先の上質な日々を叶える情報をお…もっとみる

この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。

暮らしに寄り添って毎日を楽しくする、テキスタイルリネン

高品質な天然素材にこだわり、テキスタイルリネンを織り続ける「LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)」。フィンランドで唯一、CELC(ヨーロッパリネン連盟)から“Masters of Linen”の認定を受けている、暮らしに寄り添うテキスタイルブランドです。

LAPUAN KANKURITのリネンは、製品後に一度洗いをかけているため、使い始めから柔らかく、気持ちのいい肌触り。吸水性にすぐれているため、拭き上げに便利なのはもちろん、速乾性もあるのでいつでも爽やかな使い心地です。従来の使い方にとらわれない、リネンアイテムのさまざまな楽しみ方を紹介します。

拭くだけじゃない。キッチンまわりで保存や水切りに使って楽しむ

キッチンまわりで使いやすいサイズのタオル。「拭く」以外にも使えることを知っていましたか?実は食材にも使えます。

リネンの繊維には適度な通気性と吸湿性があるので、野菜の水切りとして使うのがおすすめ。抗菌性もあるので、洗って衛生的に使うこともできます。また、ペーパーバッグの代わりとして、野菜や果物などの保存にも使うことができます。パンの包みにもよく、カットするときはそのまま広げてくずが落ちるのも防ぎます。

(左)MONO towel 48×70cm  brown 2,600円(税別)
(右)LASTU towel 48×70cm  white-petroleum 2,600円(税別)
他にも、写真のように鍋敷きや鍋つかみ代わりにしたり、洗った食器の下に敷いたり…。さらに収納のバスケットの目隠しとして使えるなど、まさに使い方は縦横無尽。アイデア次第でたくさんの使い方ができます。

METSÄ towel 35x50cm white-grey 2,200円(税別)

ブランケットやタオル使いにも。かけて、くるまれて楽しむ

写真はロングセラーシリーズ 「USVA(ウスヴァ)」。この大判サイズのタオルは、リビングやオフィスなどでひざ掛けやショールとして、さらにバスタオルとしても使うこともできます。肌触りのよいリネンだから、そのままくるまれて寝転ぶのにもぴったりです。

USVA multi-use towel linen-yellow 95×180cm 11,000円(税別)

アウトドアにも。シート代わりに敷いて楽しむ

リネンは丈夫であるため、敷くのにも大活躍します。屋内ではラグマットやクロスとして、屋外ではピクニックシートしても使えます。ビニールシート特有の肌が触れたときのペタッとした感じもありません。さらに軽くて薄手なので、小さく畳めば持ち運びにも便利です。汚れが染み込みにくく、汚れても落ちやすいので安心して使えますよ。

USVA multi-use towel linen-white 95×180cm 11,000円(税別)

陽射し対策にもおすすめ。羽織って楽しむやわらかなスカーフ

最後にご紹介するのは、陽射し避けや冷房対策にもおすすめのやさしい肌触りのスカーフです。

こちらはフィンランド語で「抱擁」を意味するHALAUS(ハラウス)のスカーフ。美しい色合いで、コーデにそっと色を添えてくれます。幅や長さもあるので、首に巻いたり、羽織ってショールにしたりと様々なアレンジで使えますよ。

HALAUS scarf 70x200cm 7,800円(税別)

一つにとらわられず、さまざまな使い方で楽しんで。

リネンのさまざまな用途をご紹介しました。洗うほどに風合いが増していくのも、リネンの楽しみのひとつ。テーブルクロスやカーテン、枕カバーなど、一つの使い方にとらわれず色々と使えますよ。このほかにもたくさんのシリーズがあるので、お気に入りのアイテムを探してみては。

※時期により、紹介している商品に在庫がない場合があります。ご了承ください。
writer / karin photo / LAPUAN KANKURIT
取材協力
LAPUAN KANKURIT (ラプアン カンクリ)表参道 東京都渋谷区神宮前5-13-12 1F 営業時間:12:00~19:00 ※時短営業中 定休日:火曜 電話:03-6803-8210
※ 当記事のテキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS