ライター : 廣瀬茉理

グルメライター

地方タウン誌でグルメライターをしてました!おいしいものは食べるのも、作るのも、大好き。美容にも興味が深々で、おいしくてキレイになれる欲張りな食べ物を探してます…。

オレンジとみかんを交配!「きよみ」とは?

きよみは、アメリカのオレンジと日本の温州みかんを交配して生まれた柑橘です。オレンジの香り高さを持ち、みかんの強い甘味を持ったハイブリッド!

酸味は少なめで、甘味がしっかりと感じられる味わいです。そのため、きよみをしぼったジュースは人気が高く、よく販売されています。

硬い外皮に包まれた果肉には、ジューシーな果汁がたっぷり。大きさは200~250g程度で、みかんよりも大ぶりです。

きよみの一番の旬は3月、主な産地は西日本

きよみの旬は2月初旬から4月下旬。特に味がおいしい時期は、3月といわれています。

ひとつずつ袋がけして栽培され、3月まで樹上で冬を越したら十分に色づいたタイミングで収穫。もっとも旬を迎えたきよみは、果汁を多く含み、まろやかな甘さと良い香りを持ち合わせています。

産地

きよみの主な産地は、愛媛県と和歌山県です。両県を合わせると、国内の80%近くを生産。愛媛県産のきよみは、3~4月に多く出回っています。

そのほかに多く栽培されている地域は、広島県や佐賀県など温暖な西日本です。

甘さたっぷり!きよみのおすすめの食べ方

強い香りと深い甘さが特徴のきよみは、皮をむいてそのまま食べても十分おいしく味わえます。果肉は薄皮ごと食べることが可能ですよ。

強めの香りと甘味を活かして、ケーキにトッピングすると、良いアクセントに。皮や果汁を生地に混ぜ込んで、爽やかな香りを楽しんでもいいでしょう。

お菓子の甘さによって、きよみの柑橘らしい酸味もほんのりと引き立ちます。きよみを使って、リッチなデザートを作ってみましょう。

オレンジとみかんのいいとこどりのきよみ

オレンジの香りとみかんの甘味を両方持った、贅沢な柑橘きよみ。

皮をむいてひと口ほおばると、越冬のなかで生まれた甘い果汁のジュースが喉の奥に流れ込んでいきます。ぜひ旬のきよみを食べて、大切に袋に包まれて育まれた芳醇な香りと奥深い甘みをご堪能あれ♪

きよみの味わいや風味を活かして、お菓子作りに使うのもおすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS