ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

1. あの味が奇跡の復活「カフェハイチ 中野」

Photo by macaroni

2011年、惜しまれつつ閉店した新宿の名店「Cafe HAITI(カフェハイチ)」の味を伝え続けるべく、2016年中野に生まれた「カフェハイチ 中野」。本店のレシピそのままのドライカレーやコーヒーが愛されています。伝説の味を求めて多くのファンが集っていますよ。

ドライカレー

Photo by macaroni

700円(税込) ※コーヒーセット 1,000円(税込)
おすすめは、やはりお店代名詞の「ドライカレー」。円形に盛られた美しい姿は、思わず写真を撮りたくなってしまうでしょう。ひと口食べると、スパイスの複雑な風味に包まれます。かなりじっくりと煮込まれたことが分かるねっとりしたテクスチャーで、玉ねぎや野菜の甘みがじんわり広がるやさしい味わいです。

食後には、ぜひお店自慢のコーヒーを。ブランデーを数滴垂らしていただくコーヒーは、魅惑的な香りと味わいが広がる一杯です。昔に想いを馳せながら、絶品カレー&コーヒーを堪能してみてください。
店舗情報

2. 線路沿いの名店「トリコカレー」

Photo by macaroni

店主の個性あふれるカレーがファンに愛される「TRICO CURRY(トリコカレー)」。遠方からわざわざ訪れる人もいるというほどの人気ぶりです。赤い扉とトタン壁のレトロなお店は、中野と高円寺間の線路沿いに位置します。

ブルーで統一された店内には、10数名分のカウンターとテーブル席が。カレーはサラダ小鉢が付き、さらにご飯の量を選べるのですが、その量は男女で分けられています。普通盛りでもかなりのボリュームなのでご注意を。

カツカレー

Photo by macaroni

1,200円(税込) 普通盛り(男性 350g)
こだわりのカレーは、8種類のハーブとスパイスに、数種のフルーツで風味付けされています。“日本のカレー”と謳っているものの、かなり濃密なテクスチャーで味わいも濃厚。と同時に複雑なスパイスの風味が広がる、個性的なひと皿です。セットのスープを加えて、好みの味わいに調整しましょう。

トッピングなしのベーシック版はもちろん、さまざまな野菜や素材トッピング、さらに日替わりなど多彩な味わいが楽しめるので、何度も通いたくなる一軒です。
店舗情報

3. 唯一無二のカレー「ヤミヤミカリー 中野店」

Photo by macaroni

都内に数店展開している「YAMIYAMI(ヤミヤミ)カリー」。中野店は、北口ふれあいロードにあります。“タイでも欧風、インドでもない、ここだけのカリー”をコンセプトに、さまざまなアジアン風カレーを楽しめるお店です。カラフルでポップな店作りなので、女性でも気軽に入れますよ。

チキンと卵のふわふわカリー

780円(税込)

根強いファンの多いひと品。ココナッツの甘みが広がるやさしい味わいのカレーです。ふわふわに仕上げられた卵とごろっとした鶏肉も相性抜群。パクチーをあわせれば、たちまち清涼感に包まれますよ。

さらにおすすめは、チーズトッピング。味わいがよりマイルドになり、卵とチーズのとろふわ食感がたまらないんです。さまざまな食材をメインに据えたカレーが豊富にそろうので、通う楽しさがありますね。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS