ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

おうちでも本格派!夏に楽しみたいアイスコーヒー

自宅で飲むアイスコーヒーといえば、 どのような飲み方を想像しますか?冷蔵庫の中にストックしているペットボトルのコーヒー、 冷えた缶コーヒーやカフェのテイクアウトなど......。

実はここ数年は、たっぷりの氷に熱いコーヒーを注いで急冷して、 淹れたての香りも楽しめる本格アイスコーヒーが定着しつつあるんです!今回は、おいしい本格アイスコーヒーの作り方のポイントやおすすめレシピ、テクニックをご紹介します。

アイスコーヒーならではのおいしい淹れ方

まず、自宅で楽しめるアイスコーヒーには大きく分けて「ドリップ急冷」と「水出し」の2通りがあります。

ドリップ急冷コーヒーとは?

Photo by UCC上島珈琲株式会社

抽出したてのコーヒー液を急冷して作るアイスコーヒー。抽出時に香りも楽しめます。抽出器具と淹れる手順はハンドドリップのホットコーヒーと同じ。ただし、コーヒー豆の焙煎度や量、お湯の分量は異なるので注意!

水出しコーヒー(浸漬式、滴下式)とは?

自宅でも作りやすい浸漬による水出しコーヒーは、コーヒー粉を数時間水に漬けて抽出する方法で熱をかけずにゆっくり抽出するため、すっきりした甘みが特長です。ひと晩漬ければ朝にはおいしいコーヒーが仕上がるので、水出し麦茶感覚で手軽に作れます。

最近は “コールドブリュー” として再注目。水出しポット(ストレーナー付)にコーヒー粉を入れて作る方法とコーヒー粉がバッグに入ったコーヒーバッグ製品を使う方法があります。

ドリップ急冷コーヒーのコツ

氷が溶けて薄まることを考慮して、粉は多めに、お湯は少なめに、濃く抽出するのが コツです。飲む分だけ抽出すれば、質の高い香りや味が楽しめます。

また、コーヒー液はゆっくり冷やすと濁ってしまいます。アイスコーヒーはグラスで飲むことが多く、 特に暑い日には涼しげな見た目も大切。 急冷することで、透明度の高い清涼感のあるコーヒーに仕上がりますよ♪

アイスには深炒りがおすすめ

味覚は冷たいものを飲むと感度が低下して味を感じづらくなります。アイスコーヒーには香りや苦みが際立つように深めに焙煎したコーヒーがおすすめです。
Photos:6枚
ドリップ急冷コーヒーを淹れている様子
UCCのゴールドスペシャルブレンド粉タイプのパッケージ
UCCのゴールドスペシャルブレンド 一杯抽出型ドリップタイプ
UCCの水出しアイスコーヒー
ヨーグルトコーヒー
マザグラン・アメリカーノ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS