ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

クラフトビール「IPA」とは

Photo by macaroni

IPAはクラフトビールのなかでもとくに人気が高い種類で、ホップ由来の芳醇な香りと苦味が特徴です。通常のビールに比べてホップがたくさん使われており、アルコール度数も高め。のどごしよりもビールそのものの味わいを楽しむビールです。

各醸造元からさまざまなタイプのIPAが出ているので、自分好みの味わいを探せるのも魅力のひとつ。色やパッケージも豊富で、見た目でも楽しめますよ。

IPA誕生の由来と歴史

名前の由来

IPAは「インディアン・ペール・エール」の略称です。"ペール"とは色が淡い、"エール"とは上面発酵のビールという意味。インディアンというからには「インド生まれのビールなのかな?」と思いがちですが、イギリスで誕生しました。

インドがイギリスの植民地だった18世紀、遠く離れた土地にいるイギリス人に「ペール・エール」を送るために生まれたのがIPAなんです。

誕生の歴史

イギリスからインドへお酒を届けるには長い船旅を経なければならず、そのためにはビールを腐らせないための工夫が必要でした。そこでペールエールのアルコール度数を上げ、さらに防腐剤代わりになるホップを大量に投入し保存性を高めることにしたのです。

つまりIPAとは"上面発酵で色が淡いビールのアルコール度数を高め、ホップを多く入れたもの"を指します。そうして生まれたIPAはイギリス本国でも人気となり、やがてアメリカに渡って世界に認知されるビールとなりました。

IPAの特徴

ぬるめの温度で楽しむ

IPAはキンキンに冷やすのではなく、10~12℃くらいの温度で飲むのがおすすめです。ちょっとぬるめのほうが、特有の香り・苦味を感じやすく、しっかりとIPAの味わいを堪能できます。 グラスはIPA専用のものを選ぶと、香りや味わいがよりわかりやすくなりますよ。また、グラスに注ぐ際は泡を多めにすると、香りが出やすくなるのでおすすめです。

IPAのアルコール度数

一般的なIPAのアルコール度数は5~7%です。ただ、アルコール度数はIPAの種類によって異なり、ダブルIPAは7.5~10%、セッションIPAは3.5~5%と開きがあります。目当てのIPAを購入する前にアルコール度数を確認すると、より安心ですね。
Photos:6枚
カウンターに置かれたIPAビール
インペリアルIPA/GIGANTICを手に持った状態
丸い器に盛られたマーマレードスペアリブ
緑色のお皿に盛られたガパオ餃子
白い器に盛られたバターチキンカレーとライス
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS