ミキサーも裏ごしも不要!業務スーパー「フムス」で手軽にヘルシーおかず

食物繊維が豊富で、美容や健康にうれしい効果があるとここ数年注目を浴びる中東生まれのフムス。ひよこ豆をベースに、ミキサーでなめらかにする作業が手間ですが、業務スーパーのフムスなら、盛り付けるだけで本場の味が楽しめます。おいしい食べ方アレンジとともに、その味わいをレポート!

2020年1月23日 更新

ヘルシーなフムスが手軽に味わえる!

中東生まれで、美容や健康への効果が期待されるフムス。ヘルシー志向の高まりもあって、ここ数年、女性を中心に注目を集める料理のひとつです。 ひよこ豆をやわらかくゆで、なめらかなペースト状にしてから裏ごしたりと、手作りするにはちょっぴり手間と時間がかかるフムス。でも業務スーパーのフムスなら、面倒な裏ごしもなく、手軽に味わうことができますよ。 「フムスって、どう食べるの?」のギモンにもお答えします!

フムスとは…

フムスとは、ひよこ豆をベースにした、中東生まれのペーストのこと。ひよこ豆、タヒニ(白ごまペースト)、レモン汁、にんにく、クミンなどをミキサーにかけ、オリーブオイルや塩で味を調えて作ります。 中東を中心に、中東からの移民が多いヨーロッパではメジャーな料理で、その健康効果に着目し、世界的に注目されています。

フムスはなぜ美容・健康にいいの?

フムスにはたんぱく質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています。 なかでも、通常のでんぷんと比べて消化されにくい「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」が豊富に含まれているのが最大の魅力。腸内環境を整えたり、血糖値の急上昇を抑える作用が認められています。(※)

業務スーパー「クラシックフムス」

Photo by muccinpurin

「クラシックフムス」248円(税別)
作り方自体は簡単でも、ミキサーの準備やあと片づけの手間を考えると、手作りへのハードルがぐっと上がるフムス。 業務スーパーの商品なら、なめらかにする作業など一切必要なし!フタを開けてそのまま楽しめるので、忙しい朝やパーティーメニューとしても活躍してくれそうです。

Photo by muccinpurin

パッケージを開けてみると、なめらかなフムスが登場。 原産国はフムスの本場・中東のヨルダンで、現地ではフムスにピタパンやサラダ、ラブネというヨーグルトを水切りしたチーズのようなものが添えられるそうです。

開封後は要冷蔵!

Photo by muccinpurin

スプーンを入れると、スッとなめらかなテクスチャに変化します。蓋に付いた部分をぺろっと味見すると、香ばしいお豆の香りが。 ちなみにこちら、業務スーパーでは常温で販売されています。開封前は、「常温販売のものだと、豆や白ごまの風味はどうなんだろう……」と気になっていたんですが、その心配は無用でした。しっかりと封がされているので、ごまや豆の香りは作りたてそのもの。 ただし、開封後は要冷蔵なので、残ったものの保存には気を付けたいところです。

ちょい足しで、フムスっぽさアップ♪

Photo by muccinpurin

パッケージそのものも素敵なデザインなので、そのままテーブルに出してもサマになります。よりフムスっぽさを出したければ、皿に出してオリーブオイルをひとまわし。刻んだパセリやパプリカパウダーをふりかければ、一気にフムスっぽさが増しますよ♪ 大きめのスプーンを使い、皿を回しながらスプーンの背で撫でるようにすると溝ができ、きれいに盛り付けることができます。あえてラフに仕上げるのがポイント!
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS