ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

お茶の栄養を余すことなく摂取!

お茶好きの間で評判のアイテム「お茶ミル」。一家に一台とはまだまだ言えませんが、おうちで飲むお茶をよりおいしくしたい人が愛用しているアイテムです。 パウダー状にした茶葉で作るお茶は、お茶が持つ栄養素が丸ごと入っている言われています。また、パウダーになっていると急須を使わずにお茶を作ることができるので、お茶を作るのがとってもお手軽♪ お料理やお菓子のトッピング、アクセントとしても使いやすくなるのもポイントです。

お茶ミルの駆動方式

電動タイプ

ボタンを押すだけで完成する、電動タイプ。あっという間にできるので、労力が少なく時短でできるのがメリットです。たくさんの茶葉も、力も時間もかけずにさっと作ることができますよ。 デメリットは、機械なので部品が多く、内部構造が複雑でお手入れに少し手間がかかること。また、手動に比べて故障もしやすく、直すのに修理に出す必要がある場合があります。

手動タイプ

お茶ミルを自分で動かしながら茶葉をパウダーにする、手動タイプ。石臼型になっているもの、そして中にプロペラ型の刃がついているタイプのものがあります。 手動だとハンドルを回すスピードも限られているので、茶葉に熱が伝わらず、風味そのままにパウダーにすることができます。また、挽き具合を調整できるのも手動式を使う上でのメリットです。 ただし、電動タイプに比べるとできあがるのに時間と労力がかかり、一度に挽ける量が限られているのも特徴のひとつです。

使い方も確認!

茶葉専用

お茶を挽くのに特化したミルのことを指します。茶葉の特性に合わせて作られているので、お湯に溶けやすい細かさや、なめらかさがあるパウダーにすることが可能。 きれいに、なめらかに挽かれた茶葉は、お茶以外にもお菓子やお料理のトッピング、調味料として使うことができて便利です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS