ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

ワイングラスホルダーの種類と選び方

好きな場所に固定できる「ネジ止めタイプ」

ネジ止めタイプの最大のメリットは、好きな場所に固定できることです。差し込みタイプだと取り付けは簡単でネジ穴もあきませんが、棚板のある場所に設置場所が限られてしまいます。しかしネジで固定するため穴をあけないといけませんし、一度設置すると手軽に移動できないという難点も。

穴あけ不要な「差し込みタイプ」

持ち家ならともかく、賃貸住宅では家の設備にネジ穴をあけることはご法度です。差し込みタイプなら、キッチンに傷を付けません。また、取り付けも簡単。ただし、設置するスペースによっては、置けるワイングラスの数が限られます。ワイングラスをたくさん収納したい方には、不向きかもしれません。

手軽に使える「スタンドタイプ」

スタンドタイプは、置くスペースさえあれば、簡単に設置できます。調理中は油汚れが付着しないように退避も容易。ワイングラスを下げたまま、スタンドごとテーブルに運ぶことも可能です。ウィークポイントは、収納できるワイングラスの数が少ないことです。

ワイングラスホルダー選びで注意するポイント

ワイングラスのサイズ

収納したいワイングラスがすべて同じ形状、同じ大きさなら問題はありません。しかし、形状がバラバラだと、ホルダーにセットしたときにワイングラス同士がぶつかってしまう危険性があります。ワイングラスの大きさと、セットするレールの間隔を確認してから選びましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ