ラーメンやドレッシングにも。カルディ「野菜スープの素」でうま出汁レシピ

プロの料理人が時間をかけて作ったような「だし」を、簡単に味わえるアイテムを発見!カルディ「野菜スープの素」は、おいしいだけでなく、便利に使える工夫がいっぱいです。あまりに万能すぎて困ってしまうほどの、この商品の詳細を解説します。活用アイデアも、ぜひご覧くださいね♪

2019年10月16日 更新

ダシで料理が変わる!

「野菜スープの素」パッケージ

Photo by akiyon

「だし」は料理の基本。丁寧にとっただしで作った料理のおいしさは格別ですよね。とはいえ、家庭でだしを作るのにそんなに時間や手間はかけられないもの……。

かねがねそう思っていたところ、カルディで「野菜スープの素」という商品を見つけました。ていねいに作られているうえに、肉や魚ではなく、野菜から作られているので汎用性も高そうです。

このだしを使うだけで料理も格上げされるはず!さっそく実際に使ってみて、味わいや使い勝手をチェックしたいと思います。

厳選国産野菜を使った希釈タイプ

器に出したスープとパッケージ

Photo by akiyon

559円(税込)

「野菜スープの素」は、厳選した国産野菜を長時間煮込んで作った、化学調味料や動物性原料不使用の野菜スープ。和食に限らず、いろいろな料理の “だし” として使うことができます。

調理の際には水で薄めて使う希釈タイプ。1パッケージに300gの旨みいっぱいの野菜だしが詰まって販売されています。
器に入れたスープ

Photo by akiyon

使用している国産野菜は、玉ねぎ、にんじん、セロリの3種類。そのほか食塩や砂糖などシンプルな調味料が加えられています。

パッケージの裏面には、何倍に薄めるかが料理ごとに書かれているので、それを参考に好みの味に調整して使います。たとえば、鍋つゆなら4倍、ポトフやスープなら6倍が目安です。

パッケージにも技あり

パーっケージのキャップ部分

Photo by akiyon

パッケージはプラスチック製で、キャップ付きの注ぎ口があります。残った分を保存することができ、冷蔵庫に横倒しにして置けるのも便利ですよね。

注ぎ口が細いので注入しやすく、キャップもしっかり閉まって安心です。
パッケージの裏面のアップ

Photo by akiyon

このパッケージは「エアホールド」タイプで、 “空気の柱”がついています。容器が自立し、握りやすいのが特徴。強く持っても中身が吹き出す心配もありません。

また、捨てる際には空気を抜くことができるので小さく折りたたむことが可能。エコで便利なパッケージなんですよ。

風味と味わいを確認

匙ですくったスープ

Photo by akiyon

調理に使う前に、まずどんな味わいなのか、薄める前の液をなめて確認してみました。香りはセロリの風味が若干強めですが、しょうゆなどの調味料で気にならなくなる程度。時間をかけて煮込んだのがわかるような、深い旨みが凝縮されています。

塩気がしっかり効いていて、このままではとてもしょっぱい!水で薄めるだけで、ほかの調味料をそれほど足さなくても、バランスのよい味わいのスープになりそうですよ。

おすすめ料理アレンジ

「野菜スープの素」を使う料理としておすすめなのが、ポトフや寄せ鍋などの鍋料理。このほかにも、炒飯の味つけやから揚げの下味にも使えるんですよ。

使い勝手がいいので活用法は無限大!簡単でおいしい、鍋料理以外のアレンジ料理をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

おかゆにひと匙

盆の上のおかゆ、箸、漬物

Photo by akiyon

かぜをひいたときや胃腸が弱ったときに頼りになるのが、おかゆですよね。味が単調でなにか足りないと思ったら、野菜スープを薄めずにひと匙かけて食べてみては?

ほんの少しの量で味わいが広がり、食欲も増してきますよ。このほかにも、おじやなどの味つけにもおすすめです。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう