駒場東大前「ル・ルソール」の個性豊かなパンにやみつき!リピーター続出*

東京・目黒区、駒場東大前駅から歩いてすぐの場所にあるブーランジェリー「ル・ルソール(Le Ressort)」。本場フランスのパンが味わえる、ファンが耐えない人気店です♪ 味はもちろん見た目も可愛く、ちょっとしたお土産にもお勧め!

2017年11月30日 更新

ライター : a s a

お魚にハンバーグとタイ料理、アボカド、お酒は焼酎が好きなのんびり屋です。ランチに行くとあればいつもハンバーグになってしまい、よく「またハンバーグ?」と言われるので、そろそろ…もっとみる

個性豊かな本場のパン

東京・目黒区、駒場東大前駅から歩いてすぐの住宅街にある、ブーランジェリー(パン屋)、
「ル・ルソール(Le Ressort)」。
同店では種類も豊富な本場フランスのパンが楽しめるということで、リピーター多し!ファンが絶えない人気店です。 味はもちろんのこと、どれも上品で見た目も可愛いものばかり。ちょっとしたお土産にも喜ばれるはずです♪
その中でも、特にお勧めしたいのがこちら!

「ミルク フランス」¥120

味わい深く、風味がとっても豊かなフランスパンの中には、北海道産の濃厚な練乳クリーム。 しっかりとしたパリパリの生地に、低水分で仕上げられたクリームがよく合います♪ 上品な甘さとパンの香ばしさが、絶妙なバランスを醸し出してくれる一品です。 一度食べたら忘れられないかも・・・?
ここのみるくふらんすが私のミルクフランスランキング1位を勝ち取りました!

出典: tabelog.com

他にも、こんなパンはいかがでしょうか♪

「ショコラ55」¥170

「ミルクフランス」と同様のバゲットに、一見チーズのようにも見える無塩バターがずっしりと挟まっています。 そこに、カカオ55%のベルギー産クーベルチュールチョコレートが3枚。 あまり見かけない組み合わせですが、食べる毎にパリっとビターなチョコレートと、マイルドなバターがとろけてバゲットとも相性抜群!
美味し過ぎる。生地、バター、チョコ。もうどれをとっても完璧。

出典: tabelog.com

「ショコラ55」はテレビ番組で紹介された事もある、今一番人気のパンなんです☆

「シス」¥190

「シス」とはフランス語で、「6」という意味だそう。 もちっとした、ほど良い弾力がある生地にはリンゴのコンポートとグレープフルーツピールが練りこまれ、フルーツの良い香りが味わえます。

「クール・ド・ショコラ」¥220

「クール・ド・ショコラ」はフランス語で「ハート型のチョコレート」という意味。 ハート型のフランスパンに、チョコチップがたっぷりと練りこまれています♡ チョコ好きにはたらまないはず!
この他にも、「ル・ルソール」には魅力的なパンがたくさん!
ぜひ一度、立ち寄ってみてはいかがでしょう。お気に入りのパンを見つけてみて下さいね♪
【店舗概要】
住所:東京都目黒区駒場3-11-14 明和ビル 1F 電話:03-3467-1172 営業時間:9:00~19:00(定休日:月・火) facebookページ:https://jajp.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB/228251783964640
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS