梅雨は家あそびを極めよう。食育やパーティーに活躍する7つの食ゲーム

もうすぐ梅雨がやってきます。じめじめと雨が続き外に出られずストレスがたまりそうですが、そんなときは家遊びを楽しむチャンス。ちょっと珍しい「食」のゲームをご紹介します。中にはマナーや食べ物の部位が覚えられるような食育に役立つものも。ぜひ親子や友だち、みんなで楽しんでください。

2019年5月30日 更新

引きこもりがちな梅雨を最大限に楽しむには?

雨が続き、引きこもりがちになる梅雨の季節。子どもも外遊びができず不満がたまり、それに手を焼くお母さんもなんだかもやもやが溜まってしまう。

目の前に差しせまってきた梅雨についため息が…… そんな方におすすめしたいのが、室内で親子で楽しめるゲーム!

お箸のマナーを知れたり、魚の正しい食べ方を学べたりするものから、大人も思わず夢中になれるユニークなものまで。バラエティ豊かなラインナップで、7つのゲームをご紹介します♪

お箸やマナーを学ぶ!食育にぴったりなゲーム3選

1. ミニチュア好きはたまらない「マナー豆 まめ寿司」

遊びながらお箸の使い方やマナーを学べる「マナー豆 まめ寿司」。本物の約5分の1というミニチュアサイズお寿司を使って、早並べ対決や早取り対決などさまざまなゲームで遊べます。

実際の食事で練習するよりも食卓は散らからないし、これならストレスフリーで楽しめそうですね。
色とりどりの小さなお寿司は見た目もすごくかわいい……。また、英訳付の説明書も入っているので、自宅用はもちろん海外の方へのお土産にもおすすめです。
■販売元:株式会社アイアップ
■対象年齢:3才~
■パッケージサイズ:W203×H200×D70mm

2. 大人の勉強にも「マナー魚 おはしdeおさかなパズル」

続いては、箸の使い方に加え正しい魚の食べ方が学べる知育玩具。

なんと、魚を食べる正しい順番でしかピースが外れないようになっているんです。また、刺し箸や違い箸といった “お箸のNGマナー” も載っているので、小さい頃から正しいお箸のマナーを身につけるきっかけにも。
番号のついたシートと作法書(説明書)があるので、最初はいっしょに遊んで教えてあげるといいかもしれません。

ひとりでできるようになればしめたもの♪ 魚が苦手なお子さまや自分で食べてくれないお子さまは、このゲームをきっかけに自然に克服できるかも!?
■販売元:株式会社アイアップ
■対象年齢:3才~
■プレイ人数:1人〜

3. リアルだけどかわいい「特選焼肉パズル ウシ」

牛の部位を遊びながら覚えられるおもしろパズル。いつも食べているお肉が、牛のどの部分のものなのかを知ることができます。

一頭丸ごと、骨格に加え「肉パーツ」「ホルモンパーツ」とかなり細かくパーツが入っています。難易度も少し高めなので、小学生以上のお子さまと遊ぶのが良いかも!
牛の表情もなんだかかわいらしく、自分で組み立てるとさらに愛着が湧きそう。

立体的な形なので、完成したらオブジェとしてお部屋に飾ってみてください。
■販売元:株式会社メガハウス
■対象年齢:6才~
■プレイ人数:1人〜
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

omio96

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう