便利グッズ♪ 「鍋蓋スタンド」の選び方&おすすめ12選

調理中のお鍋のふたって、ちょっと邪魔くさいですよね。どこにおいていいかわからないからキッチンに直置きになってしまうことも。今回はそんなお鍋のふたをすっきりと収納できる鍋蓋スタンドの選び方をご紹介。鍋蓋スタンドがあればキッチンもすっきり、家事ももっとはかどるはず♪

2019年4月3日 更新

鍋蓋スタンドは形で比較!種類と選び方

小型スタンドタイプ

調理中の味見や、お鍋をかき混ぜたいときに便利なのがこの小型スタンドタイプの鍋蓋スタンド。キッチンの限りあるスペースを有効に使いたい人におすすめのタイプです。

鍋蓋以外にもおたまや菜箸など、ほかの調理器具も一緒に立てておけるモデルもあるので、調理中に調理器具があちらこちらに散らばる心配がありません。

収納スタンドタイプ

お鍋のふたは、シンク下に収納するときにどうしても気を使わなければならないパーツです。重ねておくと傷がついたり、壊れる原因にもなります。なかには100円ショップや無印良品のファイルボックスを鍋蓋ケースとして代用している人もいますよね。それでも事足りますが、より収納内を快適に使うためには、専用の鍋蓋スタンドの使用がおすすめです。

収納の大きさに合わせてサイズを変えられるタイプや、鍋蓋以外のフライパンやお鍋もまとめて収納できるものもあるので、鍋蓋スタンドを収納内に入れて使いたいという人は収納タイプのものを選びましょう。

つり下げタイプ

キッチンのスペースに鍋蓋スタンドを置くスペースがないという人におすすめなのが、つり下げタイプの鍋蓋スタンド。壁に取り付けられるものやレンジフードに取り付け可能なタイプであれば、調理中に一時的に鍋蓋を置く場所として使うことも可能です。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう