とうもろこしだけでこの甘さ!「ゴールドラッシュ」とは?

甘くてみずみずしいとうもろこし。スイートコーンはそのままゆでたり焼いたりして食べられるほどの甘さが魅力ですが、そんなスイートコーンの中にとびきりの甘さを誇る「ゴールドラッシュ」という品種があります。粒が大きくて皮が薄いゴールドラッシュは、そのまま生で食べられるほどなんです!

2019年3月29日 更新

スイートコーンの一種「ゴールドラッシュ」

ゴールドラッシュは、株式会社サカタのタネによって品種改良されたスイートコーンの品種です。もともとは「皮が薄くてやわらかい」とうもろこしをめざして品種改良されましたが、その結果粒が大きくとても甘いとうもろこしになったのです。

「ゴールドラッシュ86」「ゴールドラッシュ88」「ゴールドラッシュ90」など、栽培地域の気候に合わせた育てやすい品種も各種そろっており、家庭菜園でも育てやすいという魅力もあります。

スイートコーンとは?

「スイートコーン」とは、甘くやわらかく、ゆでたり焼いたりしてそのまま食べる食用のとうもろこし。日本でとうもろこしといえばまずスイートコーンを指します。スーパーで売られている生のとうもろこしも、缶詰のとうもろこしもすべてスイートコーン。

そのほか、とうもろこしにはポップコーンにする種類、主食として食べられる種類、コーンスターチに加工される種類、家畜用飼料となる種類などたくさんの種類があります。穀物としてのとうもろこしが多いなか、甘くやわらかいスイートコーンはちょっと特殊かもしれません。

ゴールドラッシュの特徴

味わい・食感の特徴

ゴールドラッシュはとにかく甘くてみずみずしいスイートコーン!やわらかい皮をめざして作られただけあってとてもやわらかく、そのためゆでずに生のまま食べてもおいしいのが特徴です。

多くのスイートコーンは穂先にいくほど粒が小さくなってしまうものですが、ゴールドラッシュは先まで大粒のコーンがぎっしり。粒の色も輝くような黄色が均一に並んでいて、まさに「ゴールドラッシュ」を思わせるようなとうもろこしなのです。

ゴールドラッシュの糖度

栽培の環境にもよりますが、ゴールドラッシュの糖度は平均18度程度だといわれています。糖度18度というと、ものすごく甘いメロンやりんご、ぶどう、柿あたりがそれくらいの糖度です。つまりゴールドラッシュは甘みの強いフルーツと同じくらい甘い!ということ。

ゴールドラッシュの産地と旬の時期

産地

ゴールドラッシュの産地はだいたいスイートコーンの産地と同じで、北海道、埼玉、山梨、群馬……などなど、北から東日本がメインとなっています。

旬の時期

ゴールドラッシュの収穫時期は5月下旬から8月ごろ。日差しが強くなってくる初夏から夏真っ盛りの頃までが旬のピークです。

ゴールドラッシュには寒冷・暖地や強風の地域に適した品種がいくつかあり、栽培する地域に合わせて選ぶことができます。そのため、栽培する地域によってバラつきができにくいという特徴があります。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう