2種の高級食パン専門店『平成最後に俺の出番!なま剛力スタジアム』群馬にオープン

2019年2月24日(日)より、高級食パン専門店『平成最後に俺の出番!なま剛力スタジアム』が、群馬県太田市にオープン。やわらかさと力強さを楽しめる2種の食パンを楽しめるお店です。焼きたては、「生」で食べるのがおすすめのパン。ぜひ、そのおいしさを味わってみてくださいね♪

2019年12月19日 更新

まずは「生」で食べてみて!『平成最後に俺の出番!なま剛力スタジアム』OPEN

高級食パン専門店『平成最後に俺の出番!なま剛力スタジアム』が、群馬県太田市にオープン。 オーナーの田中竜二氏は、40代最後の歳であり、平成最後の年に向け、かねてからの夢である飲食店を目指し、脱サラし、高級食パン専門店をオープン。オーナー自ら研究を重ね、パン生地を扱う際の力加減と、ふんわり・くちどけの良さの2つの食感にこだわり、力強さの中にある優しいパンが誕生しました。
ネーミングは、柔らかさを表現した「なま」、力強さを表現した「剛力」を採用。また、来店したお客さんにライブ会場のような動きのあるお店を感じて欲しいという想いから「スタジアム」と名付けられたのだとか。オリジナルキャラクターの女の子と、食パン君は、向かいって相撲の塩をまく際の立ち合いの様子を表現。
また、「剛力」とキャッチーなかわいらしいキャラクターとのギャップを狙ったそうです。駅から徒歩20分程かかる都会の喧騒から離れた住宅地で、群馬の太田市のファミリー層をメインターゲットに、おいしい食パンが提供されます。

剛力デラックス

¥800(税別)  主な材料:塩・砂糖・乳製品・小麦粉 おすすめの食べ方:焼きたてはそのまま生食で、翌日以降はトーストして冷えたバターとハチミツで。
思いを込めて力の限りを尽くした食パン。究極のやわらかさと口溶のよさを実現。製法にこだわった食パンは、食べた瞬間、口の中に小麦の風味と甘みが広がります。

剛力プリンセス

¥980(税別) 主な材料:小麦粉・サンマスカットレーズン・乳製品・砂糖・塩
口どけがよく甘みのある食パンと、オーストラリアで育った程よい酸味のサンマスカットレーズンが優しく口の中に広がります。食パンを削った瞬間、サンマスカットレーズンがプリンセスのように輝きます。
紙袋もショッキングピンクで目を引きます。店名と同じようにインパクトがありますよね。 パンに使用されている、小麦粉、生クリーム、国産バター、はちみつもこだわりの素材を使用し、焼き上げられた食パン。ぜひ、食べてみてくださいね!

店舗概要

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS