毎日食べたい至極の食パン。関西の人気店「高匠」が東京に初上陸!

2018年12月3日(月)に、関西で大人気の食パン専門店「高匠」が東京に初上陸!JR神田駅ナカにオープンしました。今回は、東京エリア限定の「湯種食パン Tokyo Rich」を実食レポでお届けします♪ 高匠から発売されている小倉バターも合わせてご紹介しますよ。

2019年1月10日 更新

食パン専門店「高匠」が東京に初上陸!

高匠の湯種食パン

Photo by macaroni

関西で7店舗展開されている、大人気食パン専門店「高匠」が東京に初上陸!2018年12月3日(月)にJR神田駅の駅ナカにオープンしました。

今回は、東京エリア限定の「湯種食パン Tokyo Rich」を実食レポでお届け!高匠の食パンのために作り上げられた匠の味「小倉バター」も食パンと合わせてご紹介します。

もっちり感を閉じ込めた「高匠」の食パン

パッケージに包まれている高匠の湯種食パン

Photo by macaroni

「湯種食パン Tokyo Rich」850円(税込)/2斤 ※東京エリア限定

こちらが高匠の「湯種食パン Tokyo Rich」。湯種製法を利用して生地を低温で熟成させ、小麦本来の甘みともっちり感を閉じ込めた逸品。2斤ということもあり、ずっしりと重量感があります。
高匠の湯種食パンの横

Photo by macaroni

フィルムから食パンを取り出してみると、黄金色の食パンがお目見え。期待に胸を膨らませながら、さっそく切り分けてみます。
切り分けた高匠の湯種食パンと小倉バター

Photo by macaroni

湯種製法でつくられた食パンは、もっちり感が閉じ込められており、小麦そのものの甘みを堪能できます。

ひと口食べただけで幸せになれる、リッチな味わい。そのままでもおいしくいただけますが、トーストするとパンの耳がサクッとして違った舌触りを楽しめますよ。

高匠の食パンのために作られた「小倉バター」

高匠の小倉バター

Photo by macaroni

600円(税込み)/1瓶

高匠の食パンは何も付けずに食べてもとてもおいしいですが、高匠の食パンの為に作られたという「小倉バター」を塗って食べるのが一番のおすすめ。

「小倉バター」は、“名古屋名物の小倉トーストをご家庭で簡単に”がテーマで、国産バターと北海道産のアズキを主成分に使用。油分・糖分を抑え、食パン本来の甘みと相性の良いAll in oneの小倉バターです。
高匠の小倉バターの中身

Photo by macaroni

食パンのうえにたっぷりと贅沢に塗ってトーストすれば、バターがじゅわっと溶け出し、小豆の粒感も相まって食パンとの相性は抜群。

甘すぎないのにコクがあり、食パンの味をさらに格上げしてくれます。

毎日が特別になる「高匠」の至極の食パン

高匠の食パンと小倉バター

Photo by macaroni

高匠の「湯種食パン Tokyo Rich」はコクのあるバターの風味ともっちりとした食感が至極の食パンでした。小倉バターと合わせて食べるとさらにリッチな味わいになり、幸福感でいっぱいになります。

毎日を特別にしたくなる、究極の食パンを味わってみてはいかがでしょうか?

商品概要

「湯種食パン Tokyo Rich」
価格:850円(税込)
重量:2斤(1本)
※東京エリア限定
「小倉バター」
価格:600円(税込み)/1瓶

店舗情報

■店舗名:食パン専門店高匠 東京 JR神田駅ナカ店
■最寄駅:神田駅
■電話番号:050-3628-0570 
■営業時間:11:00-20:00
■定休日:年内は休まず営業(年末年始は休業予定)
■公式HP:http://t-factory.co.jp/takasho/

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう