ライター : あーぷー

「お料理すること・食べること」が大好きな食いしん坊ライターです。よろしくおねがいします♪

1. 小腹がすいたらこれ!「行田フライ」

600円(税込)
「フライ」とはいっても揚げ物ではなく、お好み焼きともんじゃ焼きの間くらいの薄い生地をクレープのように焼き、中に豚肉やネギなどを入れたB級グルメ。ちょっと小腹がすいたときにぴったりです!焼きそばとセットでいただくのもおすすめですよ。

おすすめのお店「にしかた」

もっちとした生地がたまらないフライ。小学生のころから通って食べていたという人も少なくないという地元民から愛される、地域に根差したお店です。たまご入りもおすすめ。テイクアウトもできるので、お土産やドライブの後に食べても◎
店舗情報

2. スイーツ?お惣菜?「ゼリーフライ」

200円(税込)
名前からしたらお菓子?と思うかもしれませんが、ジャガイモとおからを揚げた軽食。お好み焼きとも違う絶妙なおいしさで、小腹がすいたときにぴったりのひと品です◎ 名前の由来は昔の硬貨・銭に形が似ていたため、銭フライと呼ばれていたのがなまったのだとか。

おすすめのお店「かねつき堂」

お店敷地内に鐘楼を移築して休憩所としていることからこの屋号なのだとか。ゼリーフライのほか、行田フライ、お好み焼きなども人気のあるお店で、メディア取材も多く受けています。行田市駅から車で5分程度。駐車場もあります◎
店舗情報

3. 身体の芯から温まる♪「おっきりこみ」

700円(税抜)
おっきりこみ、おっきりこみうどんなどと呼ばれる、古くから秩父地方に伝わる郷土料理。山梨の「ほうとう」にも似て手打ちの平たい太麺ですが、かぼちゃが入らず醤油で味付けされています。冬場は特に身体が温まる、素朴な味わい♪

おすすめのお店「長瀞屋」

長瀞駅すぐ。長瀞の四季の自然を満喫した後におすすめのお店です♪ 家族連れから団体までOKの広々とした店内で、駐車場も完備。おっきりこみだけでなく、ソースカツ丼や川魚料理など、旬の地元の味覚が味わえます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS