台湾のおしゃれスーパー。ほめられ土産の宝庫「神農生活」に潜入!

日本から約3時間半という近さから気軽な旅行先として人気の台湾。安くておいしい台湾グルメやかわいい雑貨の宝庫台湾でフード系のお土産を探すなら「神農生活」で決まり!台北中心部からアクセスもよく、センスのいいアイテムが数多くそろいます。

2018年11月28日 更新

台湾でグルメなお土産探し

神農生活の店頭

Photo by muccinpurin

安くておいしいグルメやレトロでかわいい雑貨など、台湾は女子にうれしいお買い物天国。夜市や問屋街巡りで満たされたら、アクセスのいい街中でお土産探しはいかがでしょう。

今回ご紹介するのは「神農生活」。フードを中心に台湾ならではのキッチンツールや、オリジナルアイテムが数多く並び、料理好きなら何時間でもいられる夢のような空間なんです。

台北の注目スポット「神農生活」

神農生活が入るショッピングビル

Photo by muccinpurin

もともと地下鉄「圓山駅」にあった「神農市場」が2018年9月、「中山駅」に開業したショッピングモールのなかに「神農生活」としてオープンしました。

誠品生活は各フロアごとに、ファッション、ライフスタイル、アクセサリーやグルメなどに分かれた、オシャレなショッピングビル。日本にも2019年秋に開業予定とのことなので楽しみですね。

目的の神農生活は4階のフロア。夜は22時まで、週末は22時半まで営業しているので、ディナーや夜市のあとにも寄れてとても便利ですよ。
エプロンやエコバックなどの店内インテリア

Photo by muccinpurin

大きな窓から中山の街を見下ろせる明るい店内には、こだわりのアイテムが所狭しと並びます。
かごがぶら下げられた店内のインテリア

Photo by muccinpurin

天井に吊るされた台湾ならではの竹製のかごも、もちろん購入できます。

竹の太さや組み方など、さすが竹製品の宝庫・台湾、細かな手仕事に見ているだけでもうっとりしてしまいます。
お店のロゴが入った買い物かご

Photo by muccinpurin

「かわいいかご!」と思ったら、なんとこちら、店内専用のお買い物かごでした。
竹のかごに入った食品

Photo by muccinpurin

大振りでしっかりとした竹かごをもって、さながら仕入れ気分で買い物できます。

職人の手仕事が光る調理器具

竹でできたコースター

Photo by muccinpurin

窓に面した一角は、台湾ならではの竹や気を使ったキッチンツールのコーナー。

こちらは台湾の人気デザイナーブランド「筑子(こきりこ)」のコースター。微妙な色の違いと竹の風合いがインテリアとしても使えそうです。
かごに入った手作りのミニほうき

Photo by muccinpurin

ミニほうき 35元(約130円)

ミニほうきは天然の箒草(ほうきぐさ)特有の絶妙なしなり具合で、テーブルの上に散らかったパンくずや、細かい隙間のおそうじにも活躍しそう。

使いやすさと見た目の美しさを兼ね備えた、"用の美"は台湾にも息づいていました。
乾燥へちま

Photo by muccinpurin

乾燥へちま 55元(約200円)

台湾土産の定番、乾燥へちまは、食器洗いやスキンケアにも活躍。軽くてプチプラなので、お土産にぴったりですね。
月餅の木型

Photo by muccinpurin

月餅の木型 199元(約730円)

十五夜を愛でながら秋の豊作を祝う「中秋月」にお祝い品として食べられる「月餅」。

最近はプラスチックやシリコンのものも登場していますが、もともとは木型で作られていました。ひとつひとつ手彫りされた木型は、どれもとても繊細。熟練の技術を感じますね。
積み重ねられたせいろ

Photo by muccinpurin

せいろ 180元(約660円)

こちらも台湾土産の定番、中華せいろ。しっかりとした作りのせいろが、ひとつ約660円と本場ならではのリーズナブルな値段で手に入ります。

小ぶりなサイズは中華まんひとつや、家族の人数分そろえるのにぴったりなサイズですよ。
神と農の文字がデザインされたオリジナルグラス

Photo by muccinpurin

オリジナルグラス 80元(約295円)

レトロなロゴが入った神農生活オリジナルのグラス。小ぶりなので子ども用としても使えそうです。旅の記念にどうぞ。

パケもかわいい!こだわりのフードアイテム

重ねて並んだ卵と卵の説明ポスター

Photo by muccinpurin

神農生活で扱う食品は、有機にこだわったものが多いようです。おみやげ用の食品だけでなく、卵や野菜、冷凍食品など現地の方も買いに来ていました。
オーガニック表示された野菜

Photo by muccinpurin

こちらは、オーガニックの野菜たち。食の安全に対する関心は日本も台湾も同じなんですね。
カボチャが練り込まれた黄色いビーフン

Photo by muccinpurin

かぼちゃのビーフン 120元(約440円)

台湾屋台の定番ビーフンは、ブランドや味違いで数種類ラインアップ。こちらはかぼちゃを使った鮮やかな黄色のビーフンです。

カラフルな麺はパーティーシーズンにも使えそうなアイテムですね。パッケージのかぼちゃのイラストもキュート。
オリジナルのロゴシールが張られた調味料

Photo by muccinpurin

ずらりと並んだ醤は神農生活のオリジナル調味料。ものによってサイズや形が違って収納しにくい瓶ものも、これならすっきりと収納できそうです。
オリジナルのロゴシールが張られた調味料

Photo by muccinpurin

オリジナル醤 160元(約585円)

こんなにシンプルでセンスのいい瓶なら、収納せずに棚に並べてもキッチンのいいアクセントにもなりそう。
客家花柄のパッケージのお茶

Photo by muccinpurin

お茶セット 155元(約570円)

もちろん、台湾土産の品ぞろえも充実。客家花柄のパッケージのお茶は「台湾に行ってきました!」とひと目でわかるキュートなお土産。カラフルでどれにしようか迷っちゃいますね。
台湾らしいデザインの缶に入った茶葉

Photo by muccinpurin

茶葉 200元(約730円)

こちらはお茶の名店「Pinchajii(品茶集)」の缶入りタイプ。やさしい色合いのラベルはおみやげ用と自分用に大人買いしたくなるかわいらしさ。

透明感ある黄色が鮮やかな「梔子烏龍(くちなし)」と、さわやかな香りに癒される「檸檬草紅茶(レモングラス)」など種類も豊富です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう