レトロな雰囲気漂う「純喫茶」の魅力とは。渋谷の名店7選も

扉を開けるとレトロ空間が広がっている「純喫茶」。一度席につくと、立つのもためらわれるほどに居心地のいい純喫茶の魅力とはなんなのでしょうか? 喫茶店やカフェとの違いや楽しみ方など、人のこころを掴む秘訣をみてみましょう◎ 渋谷の名店もご紹介!

2018年12月30日 更新

一度は訪れたい!渋谷でおすすめの純喫茶7選

1. 長年かわらぬお店の雰囲気とともにコーヒーを「パリスコーヒー」

扉を開くと渋谷とは思えないすてきな空間が広がっている「パリスコーヒー(Paris COFFEE)」。お店のイメージはもちろんパリ。派手すぎない、けれどもばっちりと店内を演出するシャンデリアやシックな家具たちは、心ひかれること間違いなし。テーブルに飾られた四季折々の花たちとともに、長年かわらない歴史あるお店の雰囲気を満喫できます。

アイスウインナ

570円(税込)
こんもりともられたクリームがとってもキュートな「アイスウインナ」。ウインナーコーヒーこそ、純喫茶の看板メニューですよね。アイスだとクリームが溶けにくいので、長い間このかわいい見た目を楽しめます◎ コクのあるコーヒーとクリームのマリアージュを楽しんでください。

店舗情報

■店舗名:Paris COFFEE ■最寄駅:JR渋谷駅ハチ公口から徒歩3分 ■電話番号:03-3461-1335 ■営業時間:9:00~22:00 ■定休日:月曜日 ■禁煙・喫煙:全面喫煙可 ■公式HP:http://www.shibuyadogenzaka.com/paris/main.html

2. 特別なコーヒー体験はカップ選びから「茶亭 羽當(ちゃてい はとう)」

1989年創業、世界のコーヒーの巨匠も絶賛した「茶亭 羽當」。お店に入ると目に入るのは、壁際に並べられたカップの数々。このカップたちは、オーナーさんがその人の雰囲気に合わせて選んでくれるんです。粋な演出とともに、香りもコクも格別の炭火自家焙煎珈琲を味わえるお店です。

かぼちゃプリン

500円(税抜)
絶品スイーツの数々の中でもおすすめなのが「かぼちゃプリン」。しっとりなめらかで、かぼちゃをふんだんに使っているためケーキのような重厚感があります。かぼちゃの自然な甘みはどこかほっこりする味わい。カラメルの苦味がアクセントになっている逸品です。

店舗情報

■店舗名:茶亭 羽當 ■最寄駅:JR渋谷駅東口から徒歩3分 ■電話番号:03-3400-9088 ■営業時間:11:00~23:30(L.O.23:00) ■定休日:無休 ■禁煙・喫煙:全面喫煙可
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS