ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

一人暮らしの冷蔵庫を買う際の注意点

サイズ

一人暮らしだけど、小まめに買い物をして毎日自炊する方は100L以上の冷蔵庫がおすすめです。作り置きや買いだめをするライフスタイルの方は130L以上のものだと使い勝手がいいでしょう。 自炊はせず、ドリンクだけ冷やせればOKという方はビジネスホテルにあるような50L未満の小型のものだとどこにでも置けるのでいいですね。しかし、このタイプは冷凍がついていないので要注意です。たまに自炊し、冷凍庫も使いたい方は50~100Lを選びましょう。

ドアの開く向き

一般のご家庭で冷蔵庫のドアの開閉は利き手に合わせて選びます。しかし、一人暮らしのキッチンの冷蔵庫を設置する場所は限られていますね。なので、利き手で使い勝手のいいものを選べるといいですが、まずはドアがしっかり開くかどうかを確認してください。

耐熱性能天板

先ほどもお伝えしたように、一人暮らしのキッチンのスペースは限られています。なので、冷蔵庫のうえが耐熱性能天板だとレンジやトースターが置けるので、有効活用したいですね。 "電子レンジ対応天板"や"耐熱100℃"と冷蔵庫の仕様書に書かれているかよく確認しましょう。対応していないのに置いてしまうと、故障の原因にもなるのでチェックしてから置くようにしてくださいね。

自動霜取り機能の有無

冷凍庫の開閉を繰り返していると、気づいたときには霜でいっぱい!なんてことはありませんか。150L以下の冷蔵庫だと自動霜取り機能は基本的についていません。なので、定期的に霜取りをする必要があります。 霜を放置していると食材にも霜が付き、取り出しにくくなったり、冷凍効率をさげてしまいます。小型冷蔵庫を選ぶときには、霜取りの手間があることをお忘れなく!

静かさ

一人暮らしで静かな部屋だと気になるのが冷蔵庫のモーター音です。ワンルームだと仕切りがなかったりしますよね。すると、読書や睡眠などの邪魔になることもあります。気にならない方はいいですが、気になって仕方ない方もいるので、一人の静かな時間を過ごすためにも購入前にモーター音の確認しましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS