ライター : omio96

おいしいもの・新しいもの・お酒が大好きな2児の母です。 みなさまに食の最新情報をお伝えします!

「塩系インテリア」とは?

ホームセンターや100均でも、手軽におしゃれな家具や雑貨が手に入るようになった昨今。「北欧インテリア」や「男前インテリア」など、さまざまなジャンルのインテリアが流行っています。 そんななか、今回ご紹介するのは「塩系インテリア」。白やグレーのような淡いカラーを中心とした、シンプルでさっぱりとした印象のインテリアが特徴です。飾らない雰囲気や生活感を出さない点を重視していて、男女問わず人気急上昇中なんだとか。自宅のインテリアにお悩みの方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

「塩系インテリア」の作り方

1. 色合いは薄めトーンで統一

「塩系インテリア」の基本は、淡い色使い。ブラックとダークブラウンを基調とすることが多い、「男前インテリア」との大きな違いです。ポイントは、ホワイトやグレーをベースに落ち着いたトーンを意識すること。特にソファーなどの大きな家具は、部屋全体の雰囲気を左右します。木目も薄めのカラーをチョイスするときれいにまとまりますよ。

淡い色ばかりで全体的にぼやけた印象になるのが気になる場合は、濃いめのアクセントカラーをひとつ取り入れてみるのもいいですね。

2. さっぱりと飾らない雰囲気を重視

あっさりとした飾らない雰囲気も、「塩系インテリア」の重要な要素。無骨な印象のシェードなし照明や素材感の出る白いリネンのカーテンなど、どこかそっけなくてさっぱりとしたアイテムをうまく取り入れてみましょう。 観葉植物を置いてみるのもおすすめです。ナチュラルさと落ち着いた緑が、シンプルな部屋全体にほどよいアクセントとこなれ感を加えてくれます。

3. 生活感を出さないのもポイント

生活感をできるだけ薄くするのもポイント。多くの物がごちゃごちゃと置かれているのはNGです。表に出すものは必要最低限のものをうまくチョイス。むずかしい場合は、モノトーンやシルバーなどのカラーでできるだけ統一したり、シンプルで機能的なデザインのものそろえるとすっきりとまとまります。

「塩系インテリア」のおすすめブランド

1. マスターウォール

厳選した素材で、長く使い続けられるインテリアがそろう「マスターウォール」。

グレー系のソファーやラグ、木目の美しいテーブルなど「塩系インテリア」の主役になる商品が多く取り扱われています。使えば使うほど愛着がわく、運命のインテリアに出会えるかもしれません。有料で、アフターメンテナンスのサービスもありますよ!

2. Colony2139

ヴィヴィットなパッケージのものが多く、生活感の出やすい洗剤やルームスプレー。

「Colony2139」の商品ボトルは、モノトーンのシンプルなデザインが人気です。置いておくだけでも絵になるおしゃれさが魅力的。洗濯洗剤や柔軟剤、トイレクリーナーやファブリックミストなど、幅広いラインナップもうれしいですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS