「よなよなビール」とは?そのこだわりや購入店◎味わえるお店も

ご当地ビールが流行し手に入るようになったビールの種類はさまざまですが、「よなよなビール」というビールをいただいたことはありますか?。インパクトのある名前に負けないそのこだわりや特徴、よなよなエールを試せるお店、工場見学についてご紹介します。

2018年7月9日 更新

ビール好きさん必見の「よなよなビール」とは?

よなよなビールは、1997年に創業の株式会社ヤッホーブルーイングが製造・販売するビールです。ほかにも「水曜日のネコ」や「東京ブラック」「インドの青鬼」などバラエティ豊かなクラフトビールを製造されています。

よなよなビールの正式名は「よなよなエール」、これぞまさにクラフトビール!という味わいを追求したとされる、香り高いビールなんですよ。喉を通った後にも続く香りが特徴で、ゆったりとした余韻が楽しめます。

そもそも、クラフトビールとは?

クラフトビールとは“クラフトマン(craftman=職人)が作るビール”という意味で、「職人技が詰まったビール」「手作りのビール」などを表現する言葉であり、大手メーカーが量産するビールに対比して使われているんです。小規模生産のため、発案から製造までの小回りが利くというメリットを活かして、さまざまなこだわりのあるビールが製造されています

クラフトビールの先駆けとも言えるアメリカではその定義もあり、「小規模であること」「大手メーカーなどに資本提携されず独立していること」「伝統的な製法を守っていること」とされていますよ。

「よなよなエール」おいしさのこだわり

“日本にクラフトビール文化を広めたい”という思いのもと製造されているという「よなよなエール」。こだわりは「味と香りのストーリー」なのだとか。それは『グラスを傾けた時の柑橘を思わせる香りや、喉をとおって鼻に抜けていくにつれ、華やかな香りからボディ盛り上がっていく』というもの。

このイメージに近づけるため努力を続けられており“お客様の期待値を超えたい”“理想の味を探し続ける”という信念のもと、20年たった今でも試行錯誤の日々が続いているそうですよ。

「よなよなビール」ってどこで買えるの?

よなよなエールは、コンビニエンスストアや大手スーパーをはじめ、小規模なスーパーや酒販店、高級志向のスーパーなどでも購入することができます。公式通販サイトもありますので、お近くで見つけられなかった方はぜひご利用ください。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう