異国情緒溢れる港町!横浜元町近郊で行きたいカフェ16選

数多くの外国文化が根付く横浜元町。古くから続く異国情緒溢れる建物や街並みは、今も多くの人を魅了しています。今回はそんなおしゃれな街、元町とその近郊にある素敵なカフェの一部をご紹介。ぜひ元町散策の際には立ち寄ってみてください。

2018年12月12日 更新

隠れ家のような元町のおしゃれなカフェ4選

1. パティーカフェ

元町・中華街駅と石川町駅のどちらからも徒歩10分以内。元町と山手を繋ぐ代官坂にある洋館カフェは赤い扉が目印です。住宅街にひっそりと佇む隠れ家カフェは、元町の人気カフェのひとつ。絵本に出てきそうな素敵な外観が印象的です。
ナチュラルカラーを基調とした温かみのある店内には、ゆったりとくつろげるソファ席も。こじんまりとしていて落ち着いた雰囲気なので、まるで自宅にいるかのようにリラックスして過ごすことができます。少人数での利用がおすすめです。

プリプリ海老のトマトグラパン

丸いパンの中に入った海老のトマトグラパンとサラダのプレート

出典:gaff.gurunavi.jp

1350円(税込)

パティーカフェの名物といえば、丸い自家製の天然酵母パンで作ったグラパン。パンの中に小エビとトマトクリームを詰め、チーズで蓋をしてからオーブンで焼き上げた、「プリプリ海老のトマトグラパン」は人気No.1です。クリーミーなグラタンと自家製パンの組み合わせは、一度食べたらやみつきになってしまうかもしれません。

ケーキアラカルト

ガトーショコラ、シフォンケーキ、チーズケーキ、プリンなどが乗ったケーキプレート

出典:gaff.gurunavi.jp

1000円(税込)

ハーフサイズのケーキ3種類に、プリンかアイスがついたケーキプレート。さまざまなケーキを楽しみたいというスイーツ好きにはたまらない、とっても贅沢なひと皿です。ひとつひとつ丁寧に手作りされたケーキはどれも絶品で、これを目当てに足を運ぶ常連客も多いそう。

店舗情報

■店舗名:Paty Cafe(パティーカフェ)
■最寄駅:みなとみらい線 元町中華街駅 5番出口 徒歩7分
■住所:神奈川県横浜市中区元町2-80-22
■電話番号:045-664-2740
■営業時間:
[火~日・祝日]
11:00~19:00(L.O.18:00)
■定休日:月曜
■公式HP:http://honeybunny.yokohama/patycafe/main.html

2. カフェ&バー レブロン

石川町の商店街から少し入った路地に突然現れる、おしゃれなカフェ&バー。ウッド調でまとめられた外観は、まるで海辺にあるカフェのような雰囲気です。テラス席もあるので、天気の良い日はテラスを利用するのがおすすめです。
吊るされたグリーンや、ランタン、小物。店内の至る所にオーナーのこだわりを感じます。ソファ席もあるので、女子会や気の知れた仲間との集まりにもぴったり。昼と夜とでは店内の雰囲気も変わるので、どちらも一度は利用してみたいですね!

カレーそば

レブロンにはさまざまな種類のフードメニューがあります。中にはこのカレーそばのようにひと皿でお腹いっぱいになるメニューも。他では食べることができない、レブロンだけのオリジナルメニューはどれも絶品です。

水餃子

すぐ近くに中華街がある元町。レブロンでも中華メニューを食べることができますよ!大人気なのが、この水餃子。プルッとした食感は一度食べたらやみつきになってしまうはず。常連さんにもファンが多いメニューです。

店舗情報

■店舗名:路地裏カフェ 横浜元町 LeBron(レブロン)
■最寄駅:JR根岸線 石川町駅 徒歩4分
■住所:神奈川県横浜市中区石川町1-17-6
■電話番号:050-3313-1837
■営業時間:
[月~金]
ランチ 12:00~17:00
[月・火・木~日]
ディナー 18:00~翌2:00
■定休日:水曜

3. カフェ エイティエイト

元町商店街から中華街へ抜ける道の途中、交差点の角にある都会的でスタイリッシュなカフェ。真っ白なパラソルが目印です。高層マンションの1階に位置するこちらのカフェ。テラス席があるので、元町の街を行き交う人や車を見ながらランチやお茶を楽しむこともできます。
外の喧騒から一転、店内は落ち着いた大人の雰囲気です。店内の座席数は多いですが、席に余裕がある作りになっているので、ゆったりと座ることができるのも嬉しいポイント。開閉式の大きな窓があるので、店内からでも街の景色を見ることができます。大人数での利用にもおすすめです。

プレートランチ

ボリューム満点のステーキとフレンチフライ

出典:gaff.gurunavi.jp

1500円(税込)

お昼からがっつりと食べたい人におすすめのプレートランチ。ボリューム満点のステーキとフレンチフライに、おかわり自由のパン、サラダ、デザート、飲み物がついたお得なランチセットです。シンプルな味付けで、素材本来の味を楽しむことができます。

パスタランチ

パスタランチはオイルベース、トマトソース、クリームソースの3種類からパスタを選ぶことができます。選んだパスタに、サラダ、自家製アイスクリーム、飲み物がついたセットは女性に大人気。フランスで修行したシェフが手がけるパスタは、どれも旬の素材を使用し、素材本来の味を活かして作られています。

店舗情報

■店舗名:CAFE 88(カフェ エイティエイト)
■最寄駅:みなとみらい線 元町・中華街駅 4番出口 徒歩1分
■住所: 神奈川県横浜市中区山下町88 1F
■電話番号:050-3476-8992
■営業時間:
[月~金]
ランチ 11:30~14:30
※パスタランチのみ14:30までの提供となります。
ティー 14:30~17:30
ディナー 17:30~22:00(L.O.21:00)
[土・日・祝日]
ランチ 11:30~15:00
カフェ・ディナー 15:00~22:00(L.O.21:00)
■定休日:無

4. エンカウンターヨコハマ

山下公園の目の前にある、産業貿易センタービル。その地下1階にあるのが、エンカウンターヨコハマです。古いビルの地下に広がるおしゃれな空間はまさに、隠れ家という言葉がぴったり。迷いながら半信半疑で辿り着くのも隠れ家カフェの楽しみのひとつです。
シンプルにまとめられた店内で一際目を引くのが、店内の真ん中に佇む大きな木。この店のシンボル的存在です。木があるだけで、店内が一気にやわらかな雰囲気になるような気がします。座席数は多いので、少人数でも大人数でも安心です。

ハーブ三元豚の溶岩焼

木のお皿に乗った三元豚と野菜の溶岩焼

出典:gaff.gurunavi.jp

1600円(税抜)

エンカウンターの名物、溶岩焼。溶岩焼とは石焼きの一種で、天然の溶岩石製の溶岩石で食材を焼く調理法のことです。溶岩焼は遠赤外線作用があるので、旨みが閉じ込められ、外はカリッと中はジューシーに仕上がります。こちらのメニューは三元豚の溶岩焼。豚肉の旨みを感じることができ、人気メニューのひとつです。

バーニャカウダー

カラフルな色合いの地野菜のバーニャカウダー

出典:gaff.gurunavi.jp

3480円(税抜)

コースのメニューも充実。コース限定のメニューもあり、その中でもおすすめなのが横浜の地野菜を使ったバーニャカウダー。オリジナルソースが新鮮な野菜の旨みを引き立てます。横浜の食材を味わいたい人はぜひ注文してみてください!

店舗情報

■店舗名:ENCOUNTER YOKOHAMA(エンカウンター ヨコハマ)
■最寄駅:みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩3分
■住所:神奈川県横浜市中区山下町2 産業貿易センタービルB1
■電話番号:050-3462-6126
■営業時間:
[月~金]
ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30、ドリンクL.O.21:30)
ランチ11:30~14:30(L.O.14:00、ドリンクL.O.14:00)
[土・日・祝日]
ディナー 17:00~21:30(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:00)
■定休日:日曜

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

bake_my_day

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう