「電気鍋」ってなに?使うメリットや選び方・おすすめ7選も

皆さんは「電気鍋」を使用したり、持っていますか?普通の鍋はコンロで温めたりガスをつけたりと手間がかかりますが、電気鍋はとっても楽な上にエコ!今回は電気鍋の魅力や選び方、おすすめ商品をご紹介していきます。ぜひご覧になって活用してくださいね♪

2018年11月27日 更新

電気鍋はメリットだらけの万能調理器具!

みなさんは電気鍋を使ったことがありますか?「煮る、焼く、揚げる、蒸す」など、ほとんどの調理法に対応できてお手入れも楽!サイズを分ければおひとり様のお料理から。ちょっとした集まりの時などにもマルチに活躍できる優れものなんですよ。

あまりの使い勝手のよさに、一家に一台の時代がやってくるかもしれません。

電気鍋の使い方と電気代

どんな料理ができる?

「煮る」お料理では、冬にありがたい鍋やすき焼きがおすすめ。また、チーズフォンデュやバーニャカウダーなど、保温しながら食べるお料理にも電気鍋は適しています。

「焼く」お料理では、お野菜を骨付きのお肉を入れて蒸し焼きにすると、油を使わずとてもヘルシー♪お野菜と合わせて低温でじっくり熱を通せば。豪華なひと皿があっという間に完成しますよ。

さらに「炊く」お料理では、和風な炊き込みご飯からパエリアも調理可能。火を使いたくないときや、ながら作業をしたいときにももってこいです♪

電気代はどのくらい?

カセットコンロと比較してみましょう。3本セットで300円ほどで売られているカセットコンロは、1本あたり強火で1時間ほど燃焼します。つまり1時間使用で100円ほどです。

一方で1100Wの電気鍋を1時間使用した場合、電気代はおよそ30円。「電気鍋はつけっぱなしにする時間が長いから電気代が心配!」という方は想像以上の安さに驚かれることでしょう。

電気鍋を使うメリット

火を使わない

電気鍋を使うメリットのひとつは、その安全性。コンセントにさすだけなので、カセットコンロにガスを取り付けるような作業も必要ありません。

直火では焦げ付きの心配はがあるお料理ではその場を離れることができませんが、電気鍋では保温機能などをフルに使ってじっくりお料理をすることができますよ。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう