電子レンジの正しい選び方を伝授◎おすすめ商品15品も要チェック!

日常生活になくてはならない電子レンジ。買ってから後悔することのないように、ライフスタイルに合った1台を選びたいものです。そこで今回は、電子レンジの正しい選び方とおすすめ商品15品をご紹介。単機能から多機能まで、幅広く厳選してみました!

電子レンジの種類

単機能レンジ

一般的に「電子レンジ」と言えば、食材の温め機能のみが付いた単機能タイプを指します。マイクロ波は搭載されていますが、ヒーターが備わっていないため、オーブンやグリルとして使用することはできません。

一人暮らしの方や、普段あまり料理をしない方など、温め機能のみで十分間に合う場合には、安値な単機能タイプの電子レンジがおすすめ。また、オーブンは別で所有していて電子レンジと2台持ちしたいという方にも最適です。

オーブンレンジ

マイクロ波とヒーターの両方を搭載しているのがオーブンレンジです。温め機能のみならず、オーブンやグリル機能も兼ね備えた万能タイプ。最新の機種にはさらにスチーム機能や過熱水蒸気機能が搭載されており、1台で「温める」「焼く」「蒸す」といった3つの調理法が行えます。

日常的に料理をする方や料理好きの方には、単機能レンジよりもオーブンレンジのほうがおすすめ。機種によって機能性もさまざまなので、好みに合った1台が選べます。

選び方のポイント

使用人数と容量

電子レンジの容量を決めるには、使用人数がだいたいの目安となってきます。一人暮らしなら20L以下の小型サイズがおすすめ。2人世帯は20~25L、3~4人世帯は26~29Lの中型サイズがベストです。4人以上のファミリー世帯であれば、30L以上の大型タイプを選ぶのが最適とされています。

庫内構造

電子レンジの庫内は大きく分けてふたつのタイプがあります。ひとつはターンテーブルがクルクルと回る昔ながらのスタイル。加熱ムラがないので、温めている途中で食材の向きを変える手間がかかりません。

もうひとつは庫内がすっきりとしたフラットテーブルタイプです。構造がシンプルで掃除がしやすいのがなによりものメリット。中には2段式になったモデルもあり、一度に2倍の量の調理をすることも可能です。

機能性

単機能レンジは機能性にそれほど差がありませんが、オーブンレンジの場合は、スチーム加熱やノンフライ調理、過熱水蒸気など、機種により搭載されている機能がそれぞれ異なります。

主要メーカーの電子レンジは、オート調理メニューもかなり充実しているので、それらも比較しつつ選ぶとよいでしょう。

それでも迷ったら……

種類が多すぎて選べないという方は、なにを重視するかによって選択肢を狭めていくのがおすすめです。

温め機能のみで十分なら単機能レンジ、ヘルシー調理に挑戦したいならスチーム機能付き、一度でたくさんの料理を作りたいなら2段式モデルの中から選ぶようにしましょう。

タイプが決まったら、あとは予算やデザイン、設置スペースを考慮しつつ、自分のライフスタイルに合った機種を選べばOKです。扉の開く向きや、お手入れのしやすさも決定材料になります。

コンパクトさで選ぶなら◎一人暮らし向け電子レンジ5選

1. 安値でも安心のブランド「アイリスオーヤマ 単機能電子レンジ MBL-17T5-B(17L)」

最小限の機能でいいからとにかく安く買いたいという方には、こちらの電子レンジがおすすめです。200W・500W・700Wの3段階調理モードで、温めも解凍もダイヤルひとつで簡単操作。安価ですが、安心のアイリスオーヤマ製品です。

2. オリジナリティたっぷり「ダイウ(DAEWOO)単機能電子レンジ DM-E25AM(18L)」

レトロなデザインと爽やかなカラーが印象的なこちらの電子レンジ。取っ手やパネル、ボタンなど、細部にまでこだわりが感じられるオリジナリティあふれるひと品です。まるでおもちゃのようですが、省エネ設計&解凍機能付きと、使い心地も文句なし。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう