「オーブントースター」おすすめ8選!種類や失敗しない選び方も

トーストはもちろんグラタンやピザ作りに欠かせないオーブントースターですが、いろいろな種類があるのをご存知ですか?今回は購入や買い替えを検討している方必見の、失敗しない選び方とおすすめ商品を余すことなくご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね♪

違いに注目!オーブントースターの種類

ポップアップトースター

ポップアップトースターとは食パン専用のトースターのことです。内部のヒーターが食パンと密接する構造になっているので、オーブントースターよりも短時間で食パンを焼き上げることができます。

サイズが小さくてコンパクトなものが多いので、置き場所にも困りませんね。食パンさえ焼ければほかの機能は必要ないという方におすすめですよ。

オーブントースター

オーブントースターとは、電気トースターのうちオーブン型のものを指します。

ポップアップトースターが食パン以外には使えないのに対し、オーブントースターは中に置ける大きさのものなら全体を加熱し、調理することができるのが特徴です。グラタンやピザ、ホイル焼きなどさまざまな料理を作ることができますよ。

使用方法も簡単で安価なため、学生や社会人のひとし暮らしをしている方にも人気です。ポップアップトースターに比べると多少サイズが大きいので、購入前に設置場所のスペースを確保しておく必要がありますね。

ウォーターオーブン

ウォーターオーブンとは、過熱水蒸気だけで調理をおこなうオーブンのことです。最初から最後まで水の力だけで調理するので、余分な塩分や油分をカットすることができます。最終的には最高300℃にまで温度を上げて焼いたり揚げたりするので、ベチャベチャになる心配もありませんよ。

レンジやオーブン、グリルなど、さまざまな使い方ができるのも魅力のひとつですね。

コンベクションオーブン

オーブントースターとオーブンレンジの機能を併せ持ったオーブンを、コンベンションオーブンと言います。熱を循環させることで食材を加熱するので、食材をムラなくスピーディーに温めることができるのですよ。

オーブントースターではうまく焼けないスポンジケーキもコンベクションオーブンなら簡単に作ることができますね。

失敗しない!オーブントースターの上手な選び方

本体の大きさで選ぶ

自分のキッチンの収納スペースに収まるサイズなのかどうかで、オーブントースターを選ぶのもひとつの方法ですね。

一般的に高性能な商品ほどサイズも大きくなります。性能ばかりに着目しすぎて、いざキッチンに設置しようと思ったらスペースが足りない……なんてことにならないようにしましょう。

形やデザインによっても設置に必要なスペースが変わってきます。ワンルームの狭いキッチンには縦型のオーブントースターもおすすめですよ。

パンを焼ける枚数で選ぶ

オーブントースター選びには庫内の広さも重要ですね。一度に焼くことのできるトースターの枚数で庫内の広さを確認するようにしましょう。

ひとり暮らしの方なら1~2枚焼くことのできる広さで十分ですが、4人以上の大家族の場合は4枚焼くことのできる広めのものが便利ですよ。

ひとり暮らしの方でも、パン以外のほかの食材の調理も考えている方は、庫内が広めの商品を選ぶといいでしょう。

調理モードや温度調整機能で選ぶ

温度調節機能がついているオーブントースターなら、食材によって最適な温度を選ぶことができます。調節をすれば、ピザをカリッと焼くこともトーストをこんがりと焼き上げることも可能。いろいろなメニューを楽しみたい方におすすめの機能ですね。

また、調理モードのついたオーブンでは、ボタンを押すだけで食材に最適な温度を自動でコントロールしてくれます。火を使わずにオーブンひとつでさまざまな料理を作りたい方は調理モードつきの商品を選ぶといいでしょう。

メンテナンスのしやすさで選ぶ

オーブントースターを長く使い続けるには、メンテナンスのしやすさもとっても重要ですね。トーストを焼くときに出るパンくずを放置しておくと、カビの原因にもなってしまうことも。パンくずトレーがあれば、毎日手軽にパンくずを処理することができますね。また、各種パーツが取り外せる商品ならお手入れも簡単ですよ。

今すぐ欲しくなる!オーブントースターのおすすめ8選

特集

SPECIAL CONTENTS