ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

いろんな種類があるトースターとそれぞれの特徴

食パンを焼くだけなら「ポップアップ式トースター」

ポップアップ式トースターとは、パンが飛び出るトースターのことです。内部のヒーターが食パンと密接する構造になっているため、オーブントースターよりも短時間で食パンを焼き上げることができます。

サイズが小さくてコンパクトなものが多いので、置き場所にも困りません。食パンさえ焼ければ、ほかの機能は必要ないという人におすすめします。

もっとも使い勝手がよく人気「オーブントースター」

Photo by macaroni

オーブントースターとは、電気トースターのうちオーブン型タイプのものを指します。ポップアップ式が食パン以外には使えないのに対し、オーブン型は中に置ける大きさのものなら全体を加熱調理可能。グラタンやピザ、ホイル焼きなど、さまざまな料理に利用することができます。

使用方法が簡単で価格がリーズナブルなため、ひとり暮らしをしている社会人や学生にも人気です。ポップアップ式トースターに比べると多少サイズが大きいので、購入前に設置場所のスペースを確保しておく必要があります。

熱を循環させて加熱調理「コンベクションオーブン」

※画像はイメージです。
コンベンションオーブンとは、オーブントースターとオーブンレンジの機能を併せ持ったオーブンのことです。ヒーターの熱をファンで循環させながら、庫内全体を加熱するため、食材をむらなくスピーディーに調理してくれます。

オーブントースターではうまく焼けないスポンジケーキも、コンベクションオーブンなら簡単にできて便利。キッチンにオーブンと、トースターの両方を置くスペースがない家庭におすすめです。

水の力で加熱調理する「過熱水蒸気オーブン」

庫内に超高温の過熱水蒸気を発生させ、調理するのが「過熱水蒸気オーブン」です。シャープが「ウォーターオーブン」と呼んで、家庭用としてはじめて発売。いまでは各メーカーから販売されています。

「凝縮熱」効果によって食材が高温になるため、できあがった料理は外はカリッと、中はしっとりとするのが特徴。レンジやオーブン、グリル、トースターなど、さまざまな用途に使えます。

トースター選びで失敗しないおすすめのポイント

トースト専用か、グリル兼用かの用途で選ぶ

トースター選びで一番大事なのは用途です。食パンを焼くだけの人や、オーブンがあるので余分な機能は必要ない人には、ポップアップ式をおすすめします。

ピザトーストやグラタンなどを作りたい人には、シンプルなオーブントースターがおすすめ。さらにオーブン料理も作ってみたい人には、コンベクションタイプやウォーターオーブンを選ぶといいですよ。

キッチンに合ったサイズのトースターを選ぶ

おうちのキッチンや収納スペースなどに、合うサイズなのかどうかも、トースターを選ぶうえで大事なポイントです。一般的に高性能、多機能な製品ほどサイズが大きくなるため、あらかじめ設置場所を決めておきましょう。

機能ばかりに気を取られて、いざキッチンに置こうとしたらスペースが足りない、ということにならないように。トースターの形状やデザインによっても、設置スペースが変わってきます。ワンルームの狭いキッチンには縦型を選ぶなど、事前にサイズや寸法を確認しておいてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ