強くて丈夫!「デュラレックス」のグラスは使いやすさ抜群

カフェでもよく目にするデュラレックスのグラス。シンプルでオシャレなグラスは、たいへん衝撃に強いという特徴も持っています。サイズだけでなく、デザインやカラー展開も豊富。お財布にもやさしいデュラレックスの食器を一緒に見ていきましょう♪

2019年12月15日 更新

フランス生まれの強化ガラス「デュラレックス(DURALEX)」とは?

のちのデュラレックスとなる、世界初の強化ガラス食器は、1939年に誕生しました。当時、フランス国営企業であったサン・コヴァン社が作り上げた食器は、1946年にはデュラレックスブランドとして確立。1960年代になると世界に向けて輸出が始まります。日本にも輸入され、飲食店で活用されるようになりました。

清涼飲料水のみならず、ワインにもよく合うグラスは、丈夫で割れてもケガをしにくいのがポイント。さまざまなブランドのコラボレーションも展開されており、時代に合った食器が作り続けられています。

カフェでも使用されているデュラレックス タンブラーの特徴は?

衝撃に強い!

デュラレックスの一番の特徴ともいえるのが、衝撃に強い!ということ。多少ぶつけたり落としても、割れたりすることはありません。また、キズがつきにくいというのもうれしいポイント。衝撃に強い食器のタフさは、世界中の飲食店で利用されていることからもうかがえます。

割れた時にブロック状になる

デュラレックスの食器は、ソーダガラスに熱強化処理を施した全面物理強化ガラス。非強化ガラスが割れると大きく尖った破片になったりしますが、全面物理強化ガラスは割れると小さなブロック状になります。これはデュラレックスが使用者に傷を負わせないように、と配慮し設計されたもの。

ただ、飛び散りやすく、音も大きいという特徴があることも覚えておきましょう。

温冷・電子レンジ・食器洗浄機もOK

デュラレックスは衝撃だけでなく、熱にも強い特徴を持っています。耐熱・耐冷温度は100℃~マイナス25℃。電子レンジも食器洗浄機もOKです。温かいコーヒーや紅茶を楽しんだり、冷たいアイスを入れたり、ムース作りなどのカップとしても使うことが可能。カップが透明なので、層が見えるパフェなどは目でも楽しめます。

自分の日常使いのカップとしてだけでなく、お客様用からスイーツ作りになど、さまざまなシーンで使うことができますよ。

デュラレックスを使用する時の注意点!

大変丈夫なデュラレックスですが、突然破裂することがあります。全面物理強化ガラスは、ガラス全体が張りつめた状態になっています。そのため、ちょっとした傷などで状態を維持できなくなると突然破裂。落としたりぶつけたりしなくても、なにかの拍子に割れてしまうことがあります。

全面物理強化ガラスは割れる時の音が大きく、破片が飛び散るという特徴を持っているため、爆発といわれることも。また、電子レンジを使用する場合、加熱後すぐに冷たい水を入れたり冷たい台に置かないことに気をつけましょう。電熱器などの直火使用不可などの注意点もあるので、使う前にしっかり説明書を読むようにしてくださいね♪

デュラレックスの豊富なラインナップ

シンプルなのにオシャレなデュラレックスの食器は、豊富なラインナップも魅力のひとつです。20種類近くもあるデュラレックスシリーズの中でよく知られているのが、カフェなどでもよく見かける「ピカルディ」。

また、グラス本体が格子状にデザインされた「プリズム」や、取っ手つきのカップ、スイーツに最適な「ジゴン」なども人気があります。琥珀色の「ベルメイル」やボウルのシリーズ「リス」も使いやすいですよ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう