おすすめ「砂糖入れ」素材別15選!毎日使うものはこだわって

キッチンの必需品、砂糖入れ。見た目はもちろん、素材や機能など砂糖入れの種類はさまざまありますが、どれを選んだらいいのかな、と迷ったことはありませんか?砂糖入れの素材とそれぞれの特徴、さらに素材別のおすすめ商品もご紹介します。

砂糖入れの種類?選び方は?

陶器素材

湿気を吸ってしまうと固まってしまう砂糖。陶器は湿度調節機能を持っているため、砂糖が固まりにくいという特徴を持っています。陶製の砂糖入れはシンプルでオシャレなデザインのものが多く、キッチンの演出にもひと役買ってくれますよ。

プラスチック素材

プラスチック製の砂糖入れのよいところは、とにかく軽くて洗いやすく、使い勝手が便利なこと。また、口が広いので砂糖の出し入れもラクラク。機能的にも優れている商品が多く、ワンタッチでフタがオープンするものもあります。

ガラス素材

ガラス製の砂糖入れも気密性が高めです。プラスチック製と異なり、熱湯消毒も可能。食器洗浄機でも洗うことができます。少なくなった時は早めに補充できるので、調理中に砂糖が足りなかった!ということもありません。

形や大きさもチェック!

丸や楕円、四角形などさまざまな形がありますが、砂糖入れはたいてい塩入れと対になっています。砂糖入れ・塩入れのセットで購入すると、デザイン的にもバランスがよいのですが、ほかにもよく使う調味料があるという場合、それらも同じ容器で保存するとキッチンがスッキリします。使い勝手、置き場所、調味料の数などを考えて選びましょう。

湿気に強い陶器の砂糖入れ5選

1. オシャレでカワイイ!「イシガキ産業 シュガーポット スプーン付き」

スッキリオシャレなシュガーポットです。実際に使ってみて、砂糖がサラサラと実感している人が多数。調理中に砂糖のカタマリをくずすストレスから解放されます。同じデザインで900ml容量のものもありますよ。

2. 木のフタが存在感をアップ!「ZEROJAPAN キッチンコンテナ」

どっしりとした質感のキッチンコンテナですが、かわいい色合いがやわらかさを演出。フタはヒノキでできており、取り外し可能となっています。カラーバリエーションは5色展開されているので、色ちがいで並べてもオシャレです。

3. やさしい色あいのポット「LOLO B STYLE KITCHEN PL キャニスター シュガー 」

ほんのり色がついたシュガーポットです。フタは油分が多く水に強いチーク材。パッキン付きなのでしっかり密閉できます。単品でもオシャレですが、「SUGER」ほか、「SALT」「COFEE」「TEA」もあるので、おそろいにしてもステキですよ。

4. かわいいのひと言!「ZEROJAPAN キャニスターS 木製スプーン付き」

見るとほっこりする、かわいらしいピンクのキャニスターです。フタにはシリコンパッキンがついているので、密閉も◎。砂糖はいつもサラサラです。キャニスターにピッタリの木製のスプーンが、かわいさをアップしています。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう