ライター : motte

都内に住む主婦です。1歳&4歳の娘と、日々育児という名の格闘中です♡好きなことはおいしいものを食べること、食品サンプルを眺めること、旅行、編みもの。英語とフランス語が大好きで…もっとみる

何合炊き?一人暮らしの炊飯器のサイズ

1合ってどれくらい?

お米1合は約360g。大体平均すると、お茶碗に2杯分くらいと言われています。もちろん食べられる量や生活習慣、ライフスタイルによってもこの数値は変わってきますが、一般的には男性だとお茶碗1杯で0.75合分、女性だと0.5合分くらいがちょうどいいとされています。ご飯を何合炊けばいいかわからないときは、参考にしてみてくださいね。

炊飯器のサイズ選びの目安

比較的食べる量が多い男性の方には、標準的な3合炊きくらいのものがおすすめです。1食分を0.75合とすると、1回の炊飯で4食分のご飯ができあがりますよ。 少なめの量でOKの女性は、1~2合炊きの小さめサイズのものでよいかもしれません。 また、あまり炊飯器の出番がない外食派の方も、やはり小さめの1~2合炊きのもので十分でしょう。大きめとされる3.5~5.5合炊きの炊飯器を検討してほしいのは、自炊派の方。たくさん炊いて冷凍保存しておけば便利です。

炊飯器の種類と価格

IH炊飯器

炊飯器の現在の主流とも言われているのが、クオリティ重視のIHタイプのものです。電磁力の働きで全面的に加熱をするので、炊きムラが発生しにくく、ふっくらとしたご飯に仕上がるのが特徴です。お値段の相場は10,000円くらいから。デメリットとしては、消費電力が多いことが挙げられます。なるべく節電をしたい方には不向きかもしれません。

マイコン炊飯器

マイコン式のものは、炊飯器の底に電熱ヒーターを配置して、内釜を加熱するタイプの炊飯器です。構造がとてもシンプルで、お手入れが簡単なのがポイント。お値段はリーズナブルで、5,000〜7,000円程度のものが多いようです。なんと3,000円くらいの製品も見つけられるのだとか。デメリットは、一度にたくさん炊くと炊きムラが発生しやすいことです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS