ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

大豆グラノーラで栄養と元気をチャージ!

大豆グラノーラとは

一般的なグラノーラ同様、オーツ麦・小麦・ライ麦に加え、たっぷりの大豆が入っていて食べ応えのあるグラノーラです。“畑の肉”とも言われる大豆には、たんぱく質と脂質がたっぷり、ビタミン・ミネラルも含み5大栄養素全部がバランスよく含まれているんですよ。 中にはバータイプのものもあり、忙しい時でも作業をしながらでも手軽にいただけます。オーツ麦メインのグラノーラよりも、腹持ちがよく朝食にもぴったりなんです。

大豆グラノーラの特徴

大豆グラノーラの栄養とカロリー

一般的なグラノーラと比べると、大豆なので脂質は少し多めですが、炭水化物や糖質の量が低めとなり、食物繊維もたっぷりと豊富です。商品の中には、さらに糖質をカットしたものがありますので、気になる方は後ほどご紹介の商品を併せてチェックしてくださいね。 (1食40gあたり) カロリー :171kcal タンパク質:4.9g 脂質   :5.1g 炭水化物 :28.2g 糖質   :24.4g 食物繊維量:3.8g

大豆グラノーラの味わい・食感

大豆グラノーラは少し硬めでザクザクとした食感もよく、香りも豊か、食べ応えのあるグラノーラです。商品によってはナッツや豆腐も加わり、さらに食感が楽しくなります。風味づけにチョコレートやきな粉などが入ったものもあり、とっても味わい豊かなのです。

食べすぎには注意

栄養のバランスも良く、食物繊維や鉄分など不足しがちな栄養素を簡単に摂取できる大豆グラノーラですが、一緒に入っているオーツ麦には糖質が多く含まれています。食べすぎには注意が必要です。 また、市販のグラノーラにはほぼ砂糖が使われています。食べすぎによるカロリーオーバーや栄養の偏りを防ぐために、商品説明に書かれた1食分の目安量を守るようにしましょう
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS