ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

なぜお米に虫がわくの?

いざ、お米を洗おうとしたら虫がわいていてびっくりした経験はありませんか?虫がわく理由はいくつかあり、稲刈りのときにすでに虫の卵を産み付けられており、それが米袋の中で孵化した、米袋の穴から虫が侵入したなどの理由が考えられます。

では、実際にどんな虫がお米にわくのか、繁殖しやすい環境などをご紹介します。

お米にわく虫の種類

お米にわく虫は主にコクゾウムシと言われています。コクゾウムシは「米くい虫」とも呼ばれる、とても小さな虫です。お米に穴を開け、中に産卵するという特徴を持っています。

ほかにも、ノシメマダラメイガの幼虫やコナナガシンクイの幼虫などが発生することがありますよ。

温かいと虫が繁殖しやすい

お米に虫が繁殖しやすい理由に、気温が関係しています。コクゾウムシは20度前後で孵化し、幼虫になるまでにかかる期間は約1か月。また、ノシメマダラメイガも幼虫から成虫になるまでは1か月半ほどかかります。このように短期間で幼虫から成虫になることで、産卵と成長を続けどんどんその数を増やしていくんです。

虫が増えてしまうと、その分お米を食べられてしまうという悪循環を繰り返してしまいます。虫は、温かい環境を好み活動を活発にするので、お米を保管する際は、温かい環境にならないように注意するのがいいですね。

どこで混入?お米の虫の侵入経路

製造過程で入ってしまった

稲刈りする前から虫がついていたり、貯蔵時に卵が産みつけられたまま出荷されたりすることがあります。つまり製造過程からお米に虫が入ってしまい、そのまま運ばれてしまうケースがあるのです。しかし最近は精米技術も進化しているので、精米する過程でだいたいの虫は取り除かれています。お米に虫が入るのは、袋を開封してからの方が多いんです。

通気穴から侵入

お米の保存袋には小さな通気口が開いており、その穴から虫が侵入してしまうことがあります。虫は嗅覚が優れているので、小さな穴から漏れるお米の香りをかぎ分け、通気穴から侵入してしまうのです。これは、通気穴をできるだけ小さくしたり、逆止弁をつけることで、防ぐこともできます。

お米袋を食い破る虫も

ノシメマダラメイガという虫は、お米の袋を食い破ってしまうことがあります。そのため、虫の侵入を防ぐために、米袋から出して保存するのがおすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ