助六寿司ってどんなお寿司?歌舞伎との関係や歴史、豆知識も

コンビニやスーパーでよく見る助六寿司。お手軽でおいしいそのお寿司はなぜ「助六」と呼ばれているの?実はちゃんとした由来があるのです。助六寿司のカロリーや由来を紹介しています。これを読むとお友達や家族に雑学として自慢したくなること間違いなし!

2018年5月9日 更新

そもそも助六寿司ってどんなお寿司なの?

助六寿司とは稲荷寿司と巻き寿司がセットになったお寿司のことです。スーパーやコンビニなどでよく見かけますよね。稲荷寿司はご存知の通り油揚げで覆われたお寿司で、巻き寿司は海鮮類ではなく卵やかんぴょうなどが入ったものが定番となっています。

温かいおうどんと一緒に食べたくなりますよね。助六寿司には派手さはほとんどありませんが、その素朴な味わいは小さな子供からご年配の方までみんなに親しまれる日本の味のひとつとなっています。

実は洒落たきっかけ!助六寿司の「助六」の由来

稲荷寿司と巻き寿司の詰め合わせのことを「助六」と呼ぶようになったのは江戸時代中期からです。江戸の町には贅沢を禁止する倹約令が出されており、江戸前の魚を使った握り寿司に代わって安価な稲荷寿司や巻き寿司が江戸の人々に親しまれていました。やがてこのふたつを詰め合わせた寿司折が登場し、油揚げの「揚げ」と巻き寿司の「巻き」から「揚巻」と呼ばれるようになりました。

また江戸時代では、今でも大人気の市川團十郎の歌舞伎十八番である「助六由縁江戸桜」が大流行していました。 そして「助六由縁江戸桜」の主人公・助六の愛人である吉原の花魁の名前も同じく「揚巻」という名前でした。このつながりから、寿司の揚巻も歌舞伎の助六の人気にあやかるようにと、いつしか「助六」と呼ぶようになったのです。

由来となった「助六由縁江戸桜」ってどんなお話?

助六寿司の由来となった「助六所縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」。あらすじは、曽我五郎時致(そがのごろうときむね)が花川戸の助六(はなかわどのすけろく)という侠客に扮装して、源氏の宝刀「友切丸(ともきりまる)」を探し出すため吉原に出入りしていきます。三浦屋の遊女である揚巻(あげまき)と恋仲になった助六は、吉原で豪遊する意休(いきゅう)という老人がこの刀を持っていることを聞きだし、奪い返すという約2時間の壮大なストーリーです。

歌舞伎が語源になった言葉はほかにも!

「愛想つかし」

歌舞伎の演目において、恋愛関係にある男女が何らかの理由で無理矢理縁を切る場面のことを「愛想つかし」と言います。これが「愛想をつかす」の語源と言われています。

歌舞伎の「愛想つかし」では、女が義理や男の出世などのために泣く泣く別れを切り出し、それを心変わりと誤解した男が怒って女を殺傷する「殺し場」に進みます。現代で一般に使われる「愛想つかし」は相手のことを嫌になってしまうことを表しますが、歌舞伎や浄瑠璃の物語の中では逆に相手のためを想うからこそ「愛想をつかす」ところが一番の違いです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう