ライター : koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 やや健康オタク。発酵、運動、いろいろ取り入れて風邪知らず。みなさんに「そうそう!こういうの知りたかった!」と思っていただけるようなものを書いて…もっとみる

1リットル水筒でしっかり水分補給!

1リットル入る水筒のメリット

1日の水分補給の目安は、食事を合わせて1~1.5Lです。もちろん、運動する場合はそれ以上が必要となります。では適切な飲むタイミングはいつでしょうか? 飲むなら「喉が渇く前」がベスト。のどが渇いたころには脱水が始まっているので要注意状態なんです。これからの暑い季節、熱中症の予防を合わせてしていきたいですね。 そんな人にとって必要な水分補給に欠かせない水筒は、1年を通してお気に入りのドリンクを保冷、保温しながら持ち運べてとても便利。しかも経済的でエコと3拍子そろっていいこと尽くしなのです。

水筒の種類

直飲みタイプ

スポーツする時にふたを開けてさっと飲めるのが便利な直飲みタイプは、スポーツタイプとマグタイプに分けられます。スポーツ用では、ポカリスエットなどの酸の強いイオン飲料などに対応しているものがほとんどで、真夏にキンキンに保冷したポカリスエットを持っていくこともできますよ。マグタイプはオフィスやヨガなど屋内シーンで活躍しそうです。

ストロータイプ

ストロータイプは、主に容量が少なく、1L以下の商品が多め。ストロータイプは、直飲みが難しい小さいお子さんや高齢者の方、オフィスでの事務作業が多い方におすすめです。倒した拍子にうっかりドリンクがこぼれてしまうという事故を防ぐこともできます。

コップタイプ

主にコーヒーや紅茶を入れたい、熱湯を入れてお出かけ先でドリンクを作りたいというあなたにはおすすめ。また水筒に直接口をつけているわけではないので、紙コップを持参すればお友達とシェアすることもできます。

2wayタイプ

2wayタイプは、1本の水筒を2人でシェアしたい方におすすめ。1人で使う場合は直飲み、2人で使う場合はコップでシェアと、飲むシーンでベストな方法を使い分けることができます。水筒を1本で済ませられたら荷物も軽くなって持ち運びも楽ですよね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS