「レモンビール」おすすめ5選!味わいの魅力や手作り方法も

近年流行りのフレーバービール。なかでも最近人気急上昇中なのが「レモンビール」と言うものです。苦みが抑えられ爽やかな味わいのビールは、女性からも支持されているよう。初めて聞く方や、これからチャレンジしてみたい方に向けてご紹介します♪

レモンビールの爽やかさに酔いしれたい!

レモンビールとは

レモンビールとはレモン風味のビールのことで、発泡酒に分類されます。爽やかな柑橘系の香りが特徴で、ビールのような泡はなく見ためはジンジャーエールのような感じ。

口に含むとレモンの香りがふんわりと広がり、まるでビールをレモンスカッシュで割ったような爽やかな味わいです。これは暑い夏にジュース感覚でカブカブと飲めそう♪

海外では定番

近年、日本でも商品化されるようになった「レモンビール」ですが、実は海外ではビールとレモンスカッシュ、もしくはレモネードで割った飲み方は日常的に飲まれているようです。

スペインでレモンビールと言えばレモンビール=クララ(clara)。スペインビールをカセラ(casera)と言うレモン風味のトニックウォーターで割ったものがレモンビールとして飲まれています。軽めのビールなので、食事前の一杯として飲まれることが多いようです。

どこで買える?

レモンビールは、輸入ビールを幅広く扱うお店であれば購入することが可能です。ビールメーカーでおなじみの“キリン”からは期間限定で発売されることもあるようですが、こちらはコンビニ限定商品となるようですので気になる方はHPをチェックしてみてくださいね。

ほかにも輸入品を扱う「カルディ」でも、数種類のレモンビールを取扱っているようです。

手作りも◎レモンビールの作り方

フレッシュレモン×ビール

お好みのビールに搾ったレモンを2~3滴ほど入れればできあがり。レモンの量はお好みで調整してください。生のレモンを搾れば、酸味とほのかな苦みがプラスされて爽やかに仕上がります。飲み口もさっぱりとしているのでゴクゴクと飲めそうですね。生のレモンよりもさらにお手軽に作るなら、市販のレモン果汁を使うのもおすすめです。

レモンサワー×ビール

レモンサワーにビールをプラス!割合は1対1がベストですが、すっきりと飲みたい方はレモンサワーを2倍にするのがおすすめです。この組み合わせは、レモン果汁、炭酸、焼酎にビールがプラスされているので、アルコール度数は少し高めになります。お酒に強くない方は気をつけましょう♪

レモン炭酸飲料×ビール

こちらは、お酒の弱い方におすすめのレモンビールレシピです。ビールに炭酸飲料を1対1の割合で混ぜて作ります。まるでジュースやカクテルのような感覚で、ゴクゴク飲むことができますよ。炭酸飲料はCCレモンやレモンスカッシュなどがおすすめ。爽やかなレモンの香りと甘みがビールとベストマッチです。

市販品も◎人気レモンビール5選

1. 天然レモン果汁入り「レモンビール」

ITEM

天然レモン果汁入り レモンビール(缶)

容量:350ml

¥7517〜 ※2018年4月20日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
国内でレモンビールを製造している数少ないメーカーです。すっきりとした味わいのビールに天然のレモン果汁を加えているので、さっぱりとしたフルーティーな味のレモンビールに。アルコール度数はビールと同じく4%ほどです。

2. スペイン産「レモンビール ラ・ガジェガ」

こちらはスペイン生まれのレモンビール。軽めのビールにスペイン産のレモンジュースをたっぷりと加えた、まるでカクテルのようなひと品。レモンの爽やかな香りと甘さは、ジュースのようにゴクゴク飲めてしまうおいしさです。

特集

SPECIAL CONTENTS