三輪そうめんを作る時期はいつ?

乾麺であるために湿気は禁物です。そのため晴天が多く、麺を乾燥させてくれる冷たい北風が吹く冬場が最適。また寒い時期は気温が低いため、小麦粉をこねるのに塩が少なくて済み、そのためにコシの強い品質のいいものができるとされます。 さらに寝かせて高温多湿の梅雨の時期を越すことで、小麦のグルテンが変性するので、ゆで耐性と歯切れのよさが増しさらにおいしくなるんです。まさに理にかなった製造法といえますね。

三輪そうめんの種類

寝かせる期間によって呼び方が変わる

できあがった三輪そうめんを乾燥させれば完成ですが、すぐに出荷されるわけではありません。一定期間寝かせることによって、さらに熟成されおいしくなるんです。作ってから1年以上寝かせたそうめんを古物(ひねもの)と呼び、2年以上過ぎたものを大古(おおひね)と呼んで、グルメから珍重されるそうめんになります。

三輪そうめんのランクは細さで決まる

三輪そうめんは細く作られるほどにおいしくなり、商品価値も上がるとされます。そのため昔から細さによってランク付けされ、それに応じた呼び方がありました。 極細の最高級品を神杉(かみすぎ)と呼び、それより少し太い高級品は緒環(おだまき)、さらに瑞垣(みずがき)とあり、誉(ほまれ)で普通ランクの三輪そうめんとなります。しかしいまは普通のそうめんは瑞垣と誉に大別され、最高級品はメーカー独自の呼び方をされることが多いようです。

三輪そうめんの人気ランキングベスト5

5. 池利「吉野葛入り三輪そうめん」

ITEM

吉野葛入り三輪そうめん 池利 木箱入り

内容量:50g×16束(約10人前)

¥3,240〜 ※2018年04月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

三輪そうめんの有名メーカー、「池利」の吉野葛入りの手延べそうめん。有名な奈良産の吉野葛を小麦粉に練り込んだことにより、つるんとした食感とまろやかな味わいがおいしいと評判で、リピーターの多い人気商品です。

4. 松田「三輪の寿紙巻」

ITEM

三輪の寿紙巻 古物 三輪そうめん松田 超極細麺 木箱入り

内容量:50g×15束(約10人前)

¥3,240〜 ※2018年04月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

創業180年を超える老舗の松田が製造販売する超極細の三輪そうめんです。製造してから1年を超える古物で、当社のそうめんラインナップのなかで最高級品として知られます。極細麺なのにコシがあると評判の商品です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ