おすすめ軽量カップ8選♪耐熱ガラスや上から見えるタイプまで大特集

料理やお菓子作りに欠かせない計量カップ。意外と種類が豊富だってこと、みなさんご存知でしたか?今回は計量カップの選び方のポイントと、おすすめの商品8品をご紹介。使いやすい計量カップをゲットして、料理をもっとスムーズにしちゃいましょう♪

2018年4月17日 更新

計量カップの選び方のポイント

目盛り

計量カップの目盛りは見やすいほうが断然便利ですよね。最近では目盛りの大きいものや、上から覗いても計量できる傾斜目盛り付きのものも売られているので、それらを選ぶとより楽に計量することができます。

また、目盛りの色もチェックすべき大事なポイントで、醤油や赤ワインなど、濃い色の液体を量る場合には白い目盛りのものを、逆に、水や牛乳など、薄い色の液体を量るのであれば赤や黒の目盛りのものを選ぶのがおすすめです。

さらに、計量カップの目盛りは「ml」や「cup」が一般的ですが、中には「合」とか「g」といった単位が併記されているものもあります。これらを使えば液体だけでなく、お米や小麦粉も軽量できるので、キッチンスケールなしでも料理やお菓子作りができて大変便利です。

耐熱性

計量カップには、ガラス製やプラスチック製のほか、ステンレスやアルミニウムなどの金属製のものもあります。それぞれ持ち味やメリットは異なりますが、家庭で日常的に使うのであれば、耐熱性の高いものを選ぶのがおすすめです。

耐熱温度が高いものであれば高温の液体も注げますし、耐熱ガラス製のものなら電子レンジで使用することもできます。これらを使えば液体を別の容器に移し替える手間が省けるので、時短調理にもなり、洗い物も少なくて済むという利点にもつながるのです。

容量

容量は用途に合わせて使いやすいものを選びましょう。家庭用であれば200mlや500mlのものが定番ですが、煮込み料理やドリンクなどを作るときのことを考えて、それ以上のものを用意しておいても便利です。容量に応じてその分サイズも大きくなるので、収納のことも考慮しつつ選ぶとよいでしょう。

使いやすさ重視!人気の計量カップ5選

1. 迷ったらコレ「パイレックス(PYREX) 計量カップ」

耐熱性の高いパイレックスガラスの計量カップです。急加熱、急冷却にも耐えるので、熱湯を注いだり、冷凍庫にもそのまま入れることができます電子レンジ、オーブン、食洗機もOKなので、幅広い用途で大活躍する万能アイテムです。迷ったらまず選びたい定番のひと品。

2. 10ml単位で量りやすい「パール金属 耐熱計量カップ」

調理器具やアウトドアグッズを中心に、さまざまな商品を取り扱っている「パール金属」。こちらは安心・安全な日本製の計量カップで、耐熱温度は100度、さらに食洗機にも対応している優れたひと品です。目盛りは10ml単位で記されているので、細かい軽量も楽々!
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう