コーヒービートをフル活用!今すぐ食べたいアレンジレシピ6選

コーヒービートといえば、昔よく食べた懐かしいお菓子という方も多いことと思います。長きにわたって親しまれていますが、最近ではそのかわいい形を生かして、お菓子作りなどにもよく使われているんですよ。思わず手に取ってみたくなることうけあいです!

2018年4月12日 更新

コーヒー豆の形がかわいいコーヒービート

「コーヒービート」は、明治から販売されている、その名のとおりコーヒー味のお菓子。発売開始は1971年と、長きにわたって愛されている、ロングセラーのお菓子です。

その見た目はさながらコーヒー豆のようで、コーヒー豆をそのまま食べているような感じです。そのかわいい見た目を生かして、手作りお菓子のトッピングなどにもよく使われています。

どんな味?

コーヒービートの味わいは、もちろんコーヒーなのはいうまでもありませんが、コーヒー風味ながら、苦味が少なく、甘く仕上がっています。そのため、コーヒーが飲めない方やお子さまでも食べやすいお菓子です。

また、表面がシュガーコーティングされており、夏でも溶けにくいようにされているんですよ。手がベタベタしないので、ピクニックの時のおやつにも重宝ですね!

販売場所

ロングセラー商品で、いろいろな場所で販売しているコーヒービート。コンビニやスーパーのお菓子売り場などで見かけることと思います。お目当てのものが近場にない時は、通販を利用されるのもおすすめですよ。

サイズも味もいろいろある

レギュラーサイズ

おなじみパッケージの、レギュラータイプのコーヒービートです。内容量は1本あたり32gで、カロリーは163kcal。ひとつひとつが小さく、量もそれほど多くないので、小さいお子さんのおやつや、ちょっと小腹が減ったときなどにおすすめです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

soleil

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう